ニュース
» 2012年10月17日 18時04分 UPDATE

アニメじゃない:燃えるボールを蹴る“火の玉サッカー”がすごい

ファイアー! まさにエクストリームサッカー。

[ITmedia]

 ぼうぼうと燃えるボールをゴールに向かって蹴る――そんなアニメに出てきそうな炎のサッカーが、インドネシアで行われているという。

ah_fire.jpg ボール燃えてるし

 サッカーボールは椰子の実に火を付けたもの。英Barcroft Mediaによると、炎のサッカーは東ジャワ州のイスラム系寄宿学校で行われており、生徒の誕生日を祝い、またガッツを試すために実施されているという。チームは5人構成で、試合時間は60分。やけどを防ぐために、選手は塩とハーブを混ぜたものを体に塗る。

 選手たちは裸足でボールを蹴っており、やけどしそうで見ていて冷や冷やするが、プレイしている様子は楽しそうだ。

関連キーワード

サッカー | インドネシア


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう