ニュース
» 2012年10月19日 17時50分 UPDATE

週刊朝日、橋下市長に関する記事で謝罪 「不適切な記述があった」

ネットでも批判の声が上がっていた。

[ITmedia]
ah_asahi.jpg Webにおわびを掲載

 週刊朝日は大阪市長、橋下徹氏に関する記事について、不適切な記述があったと謝罪した。

 問題の記事は10月26日号に掲載された「ハシシタ 奴の本性」と題した記事。橋本氏の出自に関する記事で、同氏はTwitterで「週刊朝日は、僕の人物像を描くとしながら、僕の実父や祖父母、母親、遠戚のルーツを徹底的に暴くとしている。血脈を暴くことが人物像につながるという危険な血脈思想だ。そして僕の人格を否定することを目的として血脈を暴くと言うことは、これは僕の子どもや孫の人格否定にもなる」と批判していた。ネットでも「良識に欠ける」「下品すぎる」といった非難が相次いでいた。

 週刊朝日の河畠大四編集長は「記事中で、同和地区を特定するような表現など、不適切な記述が複数ありました。橋下徹・大阪市長をはじめ、多くのみなさまにご不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしたことを深くおわびします。私どもは差別を是認したり、助長したりする意図は毛頭ありませんが、不適切な記述をしたことについて、深刻に受け止めています」とコメントしている。次号で「おわび」を掲載する予定。

関連キーワード

謝罪 | 橋下徹 | 炎上


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!