ニュース
» 2012年10月20日 09時00分 UPDATE

生きてる間も使える棺 棺桶家具という発想

生きてる間は家具として、亡くなったら棺桶として。

[ITmedia]

 お棺といえば葬式の時に使うもの。しかしカナダのcasketfurniture.comは、「一生に一度しか使わないのはもったいないじゃない?」と、生きてる間は家具として、最後に棺として使える棺型家具を販売しています。その発想はなかった!

 同サイトで販売しているのは棺型のコーヒーテーブル(4500ドル)、電話ブース(2600ドル)、ベッド(3200ドル)、ビリヤード台(1万2000ドル)、キャビネット(1200ドル)など。例えばコーヒーテーブルは天板を持ち上げれば中が棺になっていて、いつでも棺として使えます。

ah_casket1.jpg テーブル
ah_casket3.jpg ベッド

 合理的といえば合理的ですが、あまり準備万端なのもどうなのか……という気もします。

ah_casket4.jpg ビリヤード台
ah_casket2.jpgah_casket5.jpg 電話ブースにキャビネット

関連キーワード

家具 | テーブル | キャビネット


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう