ニュース
» 2012年10月25日 13時48分 UPDATE

東京メトロ銀座線、一部駅でご当地発車メロディー 森山直太朗さん「さくら」など

上野駅は「さくら(独唱)」、銀座駅は「銀座カンカン娘」など、4駅で街にちなんだ発車メロディーを取り入れる。

[ITmedia]

 東京メトロは銀座線の一部の駅で、街のイメージに合った曲を発車メロディーとして導入する。

 浅草駅、上野駅、銀座駅、溜池山王駅の4駅で導入する。メロディーは、浅草駅が滝廉太郎作曲の「花」。浅草駅近くの隅田川が曲中に登場するためだ。上野駅は上野公園の桜にちなみ、森山直太朗さんの「さくら(独唱)」、銀座駅は「銀座カンカン娘」、溜池山王駅はビジネス街をイメージしたオリジナル曲となる。浅草駅、上野駅は10月30日始発、銀座駅、溜池山王駅は31日始発から使用する。

ah_eki.jpg

 東京メトロは銀座線、丸ノ内線、有楽町線などでオリジナルメロディーを採用しているが、今回の4駅では駅や街にゆかりのある曲を採用することで、路線や駅に愛着や馴染みを持ってもらうことが目的。

 JRや私鉄では既に一部の駅で発車メロディーや列車接近メロディーに地元に関連した曲を採用しており、例えばJR高田馬場駅では「鉄腕アトム」のテーマ、京王線聖蹟桜ヶ丘駅では映画「耳をすませば」の主題歌「カントリーロード」が流れる

関連キーワード

銀座 | | 東京メトロ | ご当地


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー