新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年10月27日 19時05分 UPDATE

デジタルコンテンツEXPO 2012:あれ、画面へこんだ? タッチパネルに“押した感触”プラスする技術

「カチッ」も「グニュッ」も自由自在。

[黒木 貴啓,ITmedia]

 平らなパネル上にて本物のキーやゼリーを押す触感が味わえる「新感覚タッチパネル」が「デジタルコンテンツEXPO 2012」(10月25〜27日)にて展示されている。スマートフォンの文字入力でキーのようなクリック感を再現するなど、多彩な触感を指先にもたらしてくれる。

画像 タッチパネルなのにクリック感がある不思議

 パネルには圧電素子が取り付けられており、圧力を検知すると振動し「ボタンを押した」ような錯覚に陥らせる。振動の周波数や振幅量、タイミングを変えることで、「硬い」「柔らかい」「ゼリーのような」など多彩な触感を再現できる。

 展示されていたパネルを実際に触ってみた。例えば新感覚タッチパネルを組み込んだスマートフォン。画面上に表示されたテンキーを押し込むと「カチッ」というクリック感があり、実際に物理ボタンを押しているような感覚だ。ブラウザアプリでも試してみる。ページを移動する時は、リンクの上でパネルを押し込む。やはりカチッというクリック感があり、ページが切り替わる。従来のタッチパネルで感じていた「ちゃんとリンク先を押せているだろうか」という不安が、クリック感のおかげでまったく感じられなかった。

画像 フィーチャーフォンのテンキー操作を思い出す……

 ソリッドな「カチッ」だけでなく、ゼリーのような「グニュッ」という感触も再現できる。振動をゆっくり、だんだん強くしていくと「グニュッ」という押し心地になるという。試してみると、確かにゼリーとまではいかないまでも、ゆっくりパネルが押し込まれていくような感覚はあった。

画像 押した場所によって異なる感覚が。「グニュ」はなんとも不思議な感じ

 製作したのは京セラ。市場でのタッチパネル搭載機器は2017年には22億台に達すると予想しており、今後はスマートフォン、家電、ゲーム機器、車載機器、医療機器など幅広い用途に導入していく予定とのことだ。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Facebookコメント

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ


» 続きを読む

過去記事カレンダー

オススメ記事