ニュース
» 2012年10月29日 15時21分 UPDATE

“月のうさぎ”は超巨大衝突の痕跡

産総研、月の表と裏の地形の違いは天体の衝突を裏付けるものと発表。

[ITmedia]

 月を地球から眺めると、影の部分がうさぎの形に見える部分を含む直径3000キロメートルほどのプロセラルム盆地が、巨大な天体の衝突によって形成されたとする仮説を証明したと、産業技術総合研究所(以下、産総研)が発表した。

 産総研の情報技術研究部門 ジオインフォマティクス研究グループの中村良介研究グループ長と石原吉明研究員が、月探査衛星「かぐや」の月表面を網羅する約7000万地点で取得した200億点以上の可視赤外線反射率スペクトルのデータをして導きだした。

 月には光の反射率が低くクレーターの少ない「海」と呼ばれる領域と、光の反射率が高くクレーターの多い「高地」と呼ばれる領域があり、以前から地球に面した月の表側に海が多く、裏側にはほとんどないことが研究の対象になっていた。

 研究グループでは、天体が衝突した際に発生する熱で融解し、再び冷えて固まる時に生成される低カルシウム輝石の分布状況を調査。その結果、月の表側にある“うさぎ”に見える部分を含むプロセラルム盆地で円状に分布していることを発見した。月の形成初期の超巨大衝突を、初めて観測データによって裏付けた。

 なお、研究成果の詳細は10月29日にイギリスの科学誌「Nature Geoscience」オンライン版に掲載される。

画像 月探査衛星「かぐや」が観測した月の表側と裏側

画像 低カルシウム輝石を多く含む物質の月面上での分布

関連キーワード

産総研 | かぐや | 天文 | 衛星 | 科学誌


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー