新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年11月10日 19時56分 UPDATE

2ちゃんねるまとめサイトが一斉謝罪 広告料・代理店名など「カモフラージュ広告」の実態明らかに

まとめを装ったカモフラージュ広告について、まとめサイトや広告代理店が一斉謝罪。中には月に30万円以上得ていたサイトもあった。

[ITmedia]

 元2ちゃんねる管理人、西村博之(ひろゆき)氏の発言が波紋を呼んでいる。2ちゃんねるのまとめを装いつつ、出会い系サイトやペニーオークションなどへ誘導する「カモフラージュ広告」に関するもので、これまでに「暇人\(^o^)/速報」や「キニ速」「マジキチ速報」など10以上のサイトが謝罪エントリを掲載する事態に至っている。これまでの経緯については、「2chまとめを装った悪質広告にひろゆき警告 マジキチ速報、妹はVIPPERなどに『転載禁止』の可能性」を参照。

画像 発端となったひろゆき氏の発言。まとめサイトに説明を求めるとともに、誠意が感じられない場合は転載禁止も考えるという

これまでに10サイト以上が謝罪文を掲載

 「マジキチ速報」では、11月10日午前0時7分に「まとめサイト風の広告について」というエントリを掲載。「まとめサイト風の広告を掲載し皆様に大変なご迷惑おかけしました事を深くお詫び申し上げます」と謝罪するとともに、広告掲載に至った経緯や、具体的な広告出稿料について説明した。

画像 「マジキチ速報」に掲載された謝罪エントリ

 同サイトが掲載していたのは、「【速報】俺が童貞卒業」「不倫で童貞捨ててみたけど質問ある?」など、主に出会い系サイトへ誘導するもの。6月ごろに広告代理店からメールで提案があり、PC、スマホ向けにリンクを掲載していた。広告料は成果報酬型で、登録1件につき1500円が入る仕組み。10月は24万7500円の収益があったという。

 これまでに謝罪エントリを掲載したのは、「暇人\(^o^)/速報」「マジキチ速報」「キニ速」「暇つぶしニュース」「ねたAtoZ」「妹はVIPPER」「オタク.com」「VIPPER速報」「ニコニコVIP2ch」「ラビット速報」「いたしん」「ラジック」「ゆるりとひじきそくほう」「にゅうにゅうす」など、確認できただけでも10サイト以上。大半は成果報酬型で、今年6月から9月ごろにかけ、エール、ステイフリー、ファイブエニー、アイリーコミュニケーションズなど複数の広告代理店からメールで掲載依頼があったという。このうち、ステイフリーは11月9日に「弊社お取り扱い2chまとめサイト向け広告に関するお詫び」とする謝罪文をサイトに掲載している。

画像 「暇人\(^o^)/速報」の謝罪エントリ

画像 広告代理店のステイフリーも謝罪文を掲載している

 広告収入についてはサイトの規模によりまちまちだが、少ないところでも月に数万円、多いところでは月に30万円以上の広告収入を得ていた。いずれのサイトも、現在は該当する広告を取り下げるとともに、今後このような広告は掲載しないとコメント、併せて関係者に迷惑をかけた点について謝罪している。

「誠意なければ転載禁止」発言で波紋、ライブドアも声明発表

 ひろゆき氏は11月9日、2ちゃんねるの「はちま起稿と真っ黒悪質ステマ企業たち」スレッド内で、まとめを装ったカモフラージュ広告について言及。これらの記事にリンクしているまとめサイトにも、「どういう経緯で広告を掲載するに至ったのか? どの業者が連絡してきたのか? 広告費はいくらだったのか? という詳細な説明を各サイトに掲載してもらいますか」と呼びかけ、誠意が感じられない場合は以後転載禁止にすることもちらつかせていた。

 これら一連の騒動を受け、ライブドアも11月9日、「広告と判別しづらい手法での出会い系サイト誘導を禁止します」とのエントリを掲載した。今後livedoor Blogでは、上記のようなカモフラージュ広告は「利用規約違反と判断」し、該当するブログは発見し次第、しかるべき対応を取っていくという。

画像 広告と判別しづらい手法での出会い系サイト誘導を禁止します(livedoor blog開発日誌)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事