ニュース
» 2012年11月13日 09時00分 UPDATE

これ……人間なんだぜ…… 溶け込みすぎなボディアート

立体感ある花だと思ったら……体育座りしてたの!?

[ITmedia]

 背景の模様にすっかり溶け込んでしまったり、体の凹凸を利用してモチーフになりきったりするボディペイントがすごいです。どこが人間の肌で、どこが背景なのか。どのモチーフがペイントで、どれが実体を持つものなのか……パッと見ただけでは分からなくなるほど技巧が凝らされています。

画像 桜の背景に溶け込んだ女性が、本物の小鳥を手に乗せる

画像 花かと思いきや体育座りしている女性。おしべの付け根あたりの影を、膝を体に密着させて表現

 桜の背景に溶け込む女性のボディペイントでは、女性が手に本物の小鳥を乗せています。小鳥は桜の木の枝あたりにいて、本物なのかペイントなのか一瞬見分けがつかないほど。

 花びらを表現したボディペイントでは、体育座りした女性の凹凸が活かされています。おしべの付け根辺りの影を、体に膝を密着させて作り出しているアイディアが素晴らしいです。

 製作者はオーストラリアのマルチアーティスト・Emma Hackさん。彼女の公式サイトには、アイディアに溢れたボディペイントがまだたくさん。ぜひのぞいて魅せられてみてはいかがでしょうか。

画像

画像

画像

画像

画像

関連キーワード

オーストラリア | アーティスト | 芸術


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー