ニュース
» 2012年11月26日 18時52分 UPDATE

なぜ今“移動映画館”なのか? 東京・中目黒に誕生した「中目黒シネマズ」をのぞいてきた

2013年1月より本格始動予定。「アニー・ホール」を上映したプレイベントは満員御礼という結果に。

[池谷勇人,ITmedia]

 映画館のない街・中目黒に初の“移動映画館”がオープンする。中目黒の街全体を映画館とし、月に1度、無料で映画を上映するプロジェクト「中目黒シネマズ」のプレイベントが11月24日行われた。

 中目黒シネマズについてはこちらの記事でも書いたが、なんとなく面白そうだったので遊びに行ってみた。上映作品はウディ・アレン監督の代表作「アニー・ホール」。前後には映画文筆家・松崎健夫さんと映画解説者・中井圭さんによるトークショー「初めてでもわかるウディ・アレン論」も開催。そういえば「アニー・ホール」は好きだけど、他のウディ・アレン作品って見たことなかった気がする。

画像 区民ホールの一室にプロジェクターが設置され、即席の映画館に

 会場に使われたのは、目黒区青少年プラザ内のレクリエーションホール。定員65人と聞いていたが、開場15分前くらいに行ってみると、すでに40人くらいが入場列に並んでいた。後で聞いたら、最終的には100人以上が集まり、定員オーバーで入れなかった人もいたとのこと。中はホールというより小さな公民館のようで、正面の壁に大きなスクリーンが据え付けられていた。床にはラグが敷いてあり、観客はイスではなく床にぺたりと座って映画を見る。昔の映画上映会とかもきっとこんな感じだったんだろう。

画像 松崎健夫さん(左)と中井圭(右)さん。中井さんはイベント企画者の1人でもある

 主催者の挨拶に続いて、まずは松崎さん、中井さんによるトークショウがスタート。ご存じのとおり、アニー・ホールは1977年のアカデミー賞作品。「でも、この年はほかにすごい作品があったんです。何だかわかりますか?」と松崎さん。首をひねっていると、後ろの方から「スター・ウォーズ!」という声があがった。ええっ、そうなのか!

「そうなんです。この年は『スター・ウォーズ』があったのに、『アニー・ホール』が作品賞を受賞してるんです」(松崎さん)

 おおお、そう聞くとあらためてすごい作品なんだと思えてくる。その後も松崎さんを中心に、ウディ・アレンのユニークな経歴や、なぜこれほど多くの人に評価され、愛されてきたかを解説。もともとはギャグライター出身で、コメディアンとして活動していた時期もあった、ヒロインを演じるダイアン・キートンはウディ・アレンの元恋人だが、「アニー・ホール」の撮影時点ではもう別れていた――などなど。無料なのにプロの解説まで聞けるなんて、なんともぜいたくなイベントだ。

画像 トークショウでは聞き役に徹していた中井さん。「実生活で別れた2人、という結果を知ってから観るのも面白いですよね」

画像 さまざまな視点からウディ・アレンの魅力を語った松崎さん。「監督・脚本・主演を継続して40年もやり続けている人というのは、世界中でもウディ・アレンだけなんです」

 30分ほどのトークののち、いよいよ「アニー・ホール」上映。作品の内容についてはいまさら説明するまでもないだろう。今回はBlu-ray上映だが画質は十分で、スクリーンが近いので映画館並みの迫力が楽しめた。スクリーン位置の関係上、後ろの方に座った人からは「字幕が見えにくい」という指摘もあったが、このあたりは次回以降の課題となりそうだ。

 とは言え、やっぱり大勢で1カ所に集まって映画を見るという体験は貴重。「アニー・ホール」のような古い作品となればなおさらだ。もともとはトークショウにも参加していた中井さんの発案で、「映画産業全体が右肩下がりにある中、みんなで暗がりでひとつの映画を見る楽しさを、もっと多くの人に知ってほしかった」という。本イベントは中目黒の町おこし企画「中目黒村マルシェ」の一環として行われているが、町おこしだけでなく「映画おこし」の側面もある。「若い人の中には、映画は家で見るものだと思ってる人も多い。でもやっぱり、みんなで映画を見るのって楽しいじゃないですか」(中井さん)

 今後の予定としては、12月下旬に2回目のプレイベントを開催し、2013年1月には本格スタートを目指す。以降は月に1〜2回のペースで、さまざまな名作を無料上映していきたいとのこと。

画像 「中目黒シネマズ」公式サイト

撮影/堀場俊孝

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう