新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年11月28日 18時59分 UPDATE

朗報:脳の“やる気スイッチ”、発見される

やる気スイッチは本当にあったんだ!

[ITmedia]

 「○時までに仕事を終わらせれば、映画を見に行ける……がんばろう!」

 人は報酬が待ち受けているとやる気が湧いてくるものです。そんなやる気をコントロールする、いわゆる“やる気スイッチ”が、脳の“腹側淡蒼球(ふくそくたんそうきゅう)”という部位にあることが研究で分かりました

画像 “やる気スイッチ”である腹側淡蒼球の神経活動を記録したグラフ

 実験では、特定の合図に従って目を動かすようサルを訓練し、報酬としてジュースを与えるようにしました。その際にサルの腹側淡蒼球の神経活動を記録したところ、腹側淡蒼球の神経細胞の多くが活動し続けたそうです。また、ジュースの量が多いほど、サルの目の動きが速くなり、神経活動も大きくなったことも発見。報酬が大きくなるほど、反応速度も向上するという結果が得られたとのこと。

 研究は生理学研究所の橘吉寿助教授と、国立衛生研究所の彦坂興秀博士の共同によるもの。本研究の社会的意義として、“やる気”が学習意欲を高めるといったことへの理解が期待されるそうです。

画像

ねとらぼ @itm_nlab

ねとらぼの公式Twitterアカウントでは、話題の記事をリアルタイムで配信しています。話題のニュースをいち早く知りたい! という人は、さっそく@itm_nlabをフォロー!



関連キーワード

やる気 | | 研究機関


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事