ニュース
» 2012年12月02日 17時00分 UPDATE

『ロード・オブ・ザ・リング』を作り上げたWETAがグッズをプロデュース、『ホビット 思いがけない冒険』ショップがオープン

「ホビット 思いがけない冒険」公開に先駆けて、期間限定ショップが銀座にオープン。『ホビット』『LOTR』シリーズを手掛けたWETAワークショップが手がけたグッズを扱う。

[livedoorニュース]
livedoorニュース
ah_ldhobbit1.jpg 『ホビット 思いがけない冒険』 (C) 2012 Warner Bros. Ent. TM Saul Zaentz Co.  写真一覧(3件)

 『ロード・オブ・ザ・リング』(以下『LOTR』)3部作を手掛け、アカデミー史上最多受賞を果たした巨匠ピーター・ジャクソン監督が放つ、新たな“指輪3部作”がついに幕を開ける。世界中で1億人が読んだ、J.R.R.トールキンによる伝説の冒険小説作『ホビットの冒険』を完全映画化した、ファンタジー・アドベンチャー『ホビット』シリーズ。その第1章である『ホビット 思いがけない冒険』は、来る12月14日より日本を始め、全世界約67ヶ国にて同時公開される。

 物語は『LOTR』から60年を遡った世界が舞台。ホビット族のビルボ・バギンズは魔法使いガンダルフに誘われ、13人のドワーフたちと共に、恐るべきドラゴン“スマウグ”に奪われたドワーフの王国を取り戻す危険な冒険に思いがけなく加わることとなる。彼らは、凶暴なアクマイヌ、そして謎の魔術師たちがうごめく危険な荒野や、ゴブリンが潜むトンネルを抜けていかねばならない。ビルボはそこで、彼の人生を変えてしまう生き物ゴラムと出会い、中つ国の運命を握る指輪を手に入れる……。

 イアン・マッケランが力強く心優しい魔法使いガンダルフとして戻ってくるほか、主人公ビルボ・バギンズをマーティン・フリーマン、ドワーフの指導者トーリン・オーケンシールドをリチャード・アーミティッジが演じる。また『LOTR』3部作から、不死の種族エルフの王妃ガラドリエルとしてケイト・ブランシェット、さけ谷の“さいごの憩”館の聡明なエルフ族の主人エルロンドとしてヒューゴ・ウィーヴィング、指輪に魅入られたゴラムとしてアンディ・サーキス、勇気溢れるホビットのフロドとしてイライジャ・ウッドらが再び登場する。

ah_ldhobbit2.jpg

 映画の公開に先駆けて、『ホビット 思いがけない冒険』の期間限定ショップが、Yr.Style(ユアスタイル)銀座店にて12月8日(土)〜12月25日(火)にオープンすることが決定。店内はもちろん、外装もすべて『ホビット』一色に彩られ、プロップレプリカやスカルプチャーアイテム、刀鍛冶の剣コレクション、アートプリントや地図、ジュエリー、書籍などを販売。これらの商品は『ホビット』『LOTR』シリーズを手掛けたWETAワークショップが制作している。

 『LOTR』シリーズのため7年、『ホビット』シリーズでさらに4年を費やし、計11年もの年月をかけて、ため息が出るほど美しく、壮大で冒険心をくすぐる“中つ国”を作り上げたWETA。その創設者であり代表のリチャード・テイラーは、日本のファンに向けて「ワークショップチームが、素晴らしいフィギュアやプロップレプリカ、そしてアート作品などを、再び製作できることを大変うれしく思います。私たちは映画『ホビット』を世に送り出すチームの一員であることを楽しみながら、作品製作に取り組み、目の利く世界中のファンの皆さんのために最高のアート作品を作り続けられることを大変うれしく思います」とコメント。映画製作のプロフェッショナルたちが手がけた贅沢な製品ライナップ。それらが一堂に集まるのは、日本ではこの限定ショップでのみとのことだ。

『ホビット 思いがけない冒険』期間限定ショップ

多数の商品ラインナップから、一部を店舗内にて展示販売。日本で開発されたライセンス商品(文具、雑貨、アクセサリーなど)も販売される。

期間:12月8日(土)〜12月25日(火)
場所:Yr.Style(ユアスタイル) 銀座店(〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目4-13)
※地下鉄銀座線B2出口 徒歩1分/JR有楽町駅より 徒歩6分
※営業時間:11:00〜20:00
※取り扱い商品は変更になる場合がございますのでご了承ください。

WETAについて

ah_ldhobbit3.jpg

映画監督ピーター・ジャクソン、そしてリチャード・テイラーらによりニュージーランド、ウェリントンに設立されたVFXポストプロダクションの会社。CGを手がけるWETAデジタルと、特殊メイクやプロップ製作などを手がけるWETAワークショップの2社で構成される。ジャクソン監督による『指輪物語』の映画化3部作『ロード・オブ・ザ・リング』(2001年)、『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』(2002年)、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(2003年)における突出したVFXは高く評価され、3作品ともアカデミー視覚効果賞を受賞。続く『キング・コング』(2005年)でも同賞を受賞し、さらにそのクリーチャーの表現技術が評価されジェームズ・キャメロン監督の『アバター』(2009年)に参加。異星人ナヴィやパンドラの世界観を見事に表現、オスカーを獲得。アメリカの映画産業はWETAデジタルに対して高い評価を示し、世界有数のVFX工房としての地位を確立している。

『ホビット 思いがけない冒険』は、12月14日(金)より丸の内ピカデリー他全国公開。

関連ニュース

記事提供元:MOVIE ENTER

関連キーワード

映画 | 指輪 | 銀座


livedoor CC-BY-ND

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー