ニュース
» 2012年12月04日 08時29分 UPDATE

スバル「インプレッサ」がネットで話題に

笹子トンネルの事故で助かった人が乗っていたスバル「インプレッサ」がTwitterで話題に。

[livedoorニュース]
livedoorニュース

2日、中央自動車道の笹子トンネルでは、天井板が崩落し、通行中の車が巻き込まれ、9人が死亡するという痛ましい事故が起こった。

そんな中、この崩落事故に居合わせながらも、崩れ始めたトンネルから奇跡的に助かった人物がおり、その事故時に乗っていた自動車のスバル「インプレッサ」がツイッターで話題になっている。

というのも、崩落した天井板によって半壊した車体の姿が、報道各社により写真で伝えられたからだ。

この写真を見たツイッターのユーザーからは、「インプレッサ車体が半壊しても走るんか…。流石ラリーカー」「あれだけ車体が潰れていたのに逃げ切れるなんてすごい」「インプレッサはいい車だよね。しかし、あの状況で、アクセル踏むって判断がすごいと思った。ドライバーも車を信じていたんじゃね」と、驚きの声が相次いだ他、同車のメンテナンスを担当した中津スバルのブログでは「オーナーの気持ちと、クルマの魂と、我々の思いが三位一体になった」と綴られた。

【関連記事】

【関連情報】

記事提供元:livedoorニュース

関連キーワード

富士重工業 | 事故 | Twitter | 自動車


livedoor CC-BY-ND

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう