ニュース
» 2012年12月07日 16時14分 UPDATE

オーストラリアの首相が「世界の終わり」宣言 実は……

2012年人類滅亡説は正しかったのか……?

[ITmedia]

 「国民の皆さん、世界の終わりがやって来ます」――オーストラリアのジュリア・ギラード首相が世界が終わると宣言したとして、一時騒然となりました。

 真剣な表情で「マヤのカレンダーは正しかったのです」「私は最後まで皆さんのために戦います」と語るギラード首相。その動画はネットでも見ることができます。

 マヤ暦が2012年12月21日で区切りを迎えることから、2012年に世界の終末が訪れるという説があります。一国の首相がその説を本当と認めるとは――と、本当だったら衝撃的なのですが、実はラジオ番組の宣伝というオチ。首相がこんなジョークに付き合ってくれるというのがすごいです。

ah_pm.jpg こんな真剣な表情で言われたら思わず信じるじゃないですかー、やだー

 ちなみにマヤのカレンダーについてNASAは、2012年12月21日で終わったあとでまた新しいサイクルが始まるので、世界の終わりを意味しているわけではないとコメントしています。

関連キーワード

2012 | オーストラリア | ジョーク | ラジオ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう