新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年12月10日 17時14分 UPDATE

「iOS 6の地図に注意」オーストラリアの警察が警告 生命の危険を懸念

iOS 6の地図に従って国立公園内で迷った人が、警察に助けを求めた例も。

[ITmedia]
ah_map.png

 オーストラリアのビクトリア州の警察が、iOS 6の地図を使うときは気をつけるようにと警告している。生命が危険にさらされる可能性があるためという。

 iOS 6の地図に関しては、リリース当初から間違った地名が表示されるなどの問題が指摘されている。この地図に従ってミルドラという街に行こうとしたドライバーがマレー・サンセット国立公園で立ち往生し、警察に助けを求めたという例が複数報告されている。

 警察でテストしてみたところ、ミルドラがマレー・サンセット国立公園の真ん中に表示された。実際の位置から70キロほどずれた場所だ。

 公園内では水の供給がなく、気温が46度にもなることがあるため生命が脅かされる可能性もあるとして、警察は懸念を示している。救助された人の中には、最長で24時間水も食料もないまま、携帯の電波が届く場所を求めて危険な地帯で長い距離を歩いた人もいた。

 Appleは既に地図の問題に対処すると発表しているが、ビクトリア州警察は、問題が解決するまでは、ミルドラなど州内の場所へ行くときはほかの地図を使うべきだとしている。

12月11日追記:

 Appleはこの問題を受けて、当該箇所の地図を修正したと報じられている。ミルドラを検索すると街の真ん中にたどり着くという。

関連キーワード

地図 | iOS 6


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事