ニュース
» 2012年12月13日 15時56分 UPDATE

今夜はふたご座流星群! 観測には最高の条件 たくさん見られる観測方法は?

流れ星をたくさん見るにはどこを見たらいい?

[ITmedia]

 12月13日夜から14日明け方にかけて、ふたご座流星群がピークを迎える。気象協会によると、全国的に晴れるところが多く、新月で月明かりが少ない「観測に最高の条件」。

 流れ星は午後8時ごろから見え始め、1時間に数十個見られる予想とのこと。肉眼で楽しめる天体ショーとしては、今年最後になるかもしれないそうだ。

画像 肉眼で楽しめる天体ショーとしては今年最後!?

 国立天文台は「ふたご座流星群を眺めよう」というサイトで、観測の仕方を紹介している。

 理想的な観測場所は、街灯など人工の明かりが少なく、できるだけ空が広く見渡せるところ。眺める方向は気にせず、空の広い範囲に注意を向けた方が、より多くの流れ星をとらえやすくなるそうだ。目を暗さに慣らす意味でも、最低15分は観測することを勧めている。

画像 22時ごろの放射点は東の空にあって、離れたところに長い光の筋が見られる(提供 国立天文台)

 長い軌跡を描く流れ星は、放射点(流星が飛び出してくるように見える点)のあるふたご座から離れた方向で見られるとのこと。星が流れるのを前後からではなく、横から見ることになるからだ。ふたご座はオリオン座のやや左にあって、午後10時ごろまでは東の空に見られる。

画像 気象協会の星空指数。外へ飛び出したくなる

 気象協会は、ピークの時間帯は全国的に冷え込むため、温かい服装で、温かい飲み物を用意して、天体ショーを楽しむことを勧めている。

関連キーワード

天文 | 流星群 | 天気 | 日本気象協会


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー