ニュース
» 2012年12月14日 17時05分 UPDATE

衆院選まであと2日 選挙前にチェックしておくべきサイトまとめ

基本情報からボートマッチ、10代向けの擬似選挙体験まで、これさえチェックすればオッケイ!

[ITmedia]

 第46回衆院選の投開票日まであと2日。既に期日前投票を済ませた方もいるかもしれません。しかし、各世論調査によると、最も多いのは“無党派”つまり投票先を決めていない層とのこと。どこに投票したら良いのかいまいち分からない、あるいは今まで以上に選挙戦に注目してみたい――そんな時の参考になりそうなサイトをまとめてみました。2012年ならではの新しい試みもあるので、チェックしてみてください。

基本情報からボートマッチまで

基本情報

大手ポータル

  • Google 選ぼう 2012――検索トレンドや、政党代表に直接質問できるオンラインミーティング「政治家と話そう」など、Googleならではの情報・企画があります。
画像
  • Yahoo!JAPAN みんなの政治――ネットユーザーの声を反映した企画多数。政策から政党を選ぶマニフェストマッチは毎回話題になります。
  • ニコニコ動画 衆議院総選挙 2012――ニコニコチャンネルの専門ページ。政治家の街頭演説や政権公約をみることができ、関連番組も多数あります。政治がより身近になる仕様です。
画像

ボートマッチ

 簡単な質問に答えて、政党との一致度を測定するサービスがいくつかあります。各政党がどのように考えているのか、項目別に詳しく知るきっかけになります。Yahoo!のマニフェストマッチをはじめ、以下のサイトが有名です。なお、早稲田大学の研究チームが「各政党マニフェストのできばえチェック」を公開しているのでこちらも必見。

新企画

  • #総選挙――Twitterによる公式イベントページ第2弾。ハッシュタグ「#総選挙」を中心に、一般ユーザーのさまざまな声をみることができます。
  • 日本の政治チャンネル――YouTubeの専門チャンネル。Googleの新企画「政治家と話そう」が配信されています。
  • 10代のネット疑似選挙 Teens Opinion――10代の、10代による、10代のための擬似選挙サイト。Facebookを利用して、選挙権がまだない仲間と討論や投票が行えます。
画像

その他

  • Shuugi.in――集合知で選挙結果を予測するサイト。政党を株銘柄に見立て「高い」「安い」などの選択肢から選んだ結果が表示されています。
  • gooニュース 2012衆議院選挙特集――gooニュースの特設サイト。オリジナルコラム「衆院選・特別コラム」はいずれも、非常に参考になる内容です。

開票速報もネットで

 16日投開票日にはネット配信番組がいくつも企画されています。選挙特番といえば、これまで地上波放送の独壇場でしたが、今回TBSがテレビ局初となる「Web版開票番組」をUstreamで配信します。TBSラジオもネットユーザーになじみのあるメンバーでUstream放送あり。ニコニコ生放送は「ネット×政治」の締めくくりとなる番組構成です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー