新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年12月17日 18時16分 UPDATE

プロ棋士VS将棋ソフト「電王戦」再び 今度は5対5の団体戦、A級棋士も参戦へ

前回、将棋ソフト・ボンクラーズに敗れた米長会長。その無念を晴らすのはこの5人だ!

[高橋史彦,ITmedia]

 「禁断の戦いから1年」――現役プロ棋士とコンピュータ将棋ソフトの5対5マッチ「第2回将棋電王戦」が来春開催される。その対戦カードが12月15日、東京・六本木のニコファーレで発表された。会見模様はニコニコ生放送で中継され、現在はタイムシフト視聴が可能だ。

画像 登壇者一同

 第1回電王戦は今年1月に開催され、将棋ソフト・ボンクラーズが元名人・米長邦雄永世棋聖に勝利するなど大きな話題になった。今回は、現役棋士5人と将棋ソフト5チームの団体戦となり、来年3月23日から毎週土曜日に1局づつ、計5局実施する。人間とコンピュータで、3勝した方が勝者となる。

 人間のリベンジを果たすべく、A級棋士・三浦弘行八段も参戦。ニコニコユーザーからは「みうみう」の愛称で親しまれていることから、出場が明らかになると、「みうみう」とコメントが多数打ち込まれ、会場のディスプレイにもしばしば映し出されていた。

画像 みうみうの弾幕
画像 将棋連盟・米長会長の応援メッセージは一言 「おい、皆頑張れよ」
画像 将棋連盟・北島理事(中央)とドワンゴ・川上会長(右)

 手番については、ドワンゴ・川上会長が振り駒を行った結果、第1局の先手はプロ棋士側に。2局目以降、先手番・後手番を交替していく。

画像 注目の振り駒
画像 先手決定!

 ステージ上にはプロ棋士5人とソフト開発者6人が登壇し、それぞれ意気込みを語った。第2局に登場する「ponanza」の開発者・山本一成さんは「序盤の強みを活かしたい」とコメントする一方、自身の年齢を「26歳ぐらいです」と答えるなど、独特な“キャラ立ち”が視聴者から好評だった。

 最終戦で三浦八段と対戦する「GPS」将棋は、複数のマシンを接続してソフトを動かす仕組み。クラスタ化によって約4手深く読めるようになるという。東京大学の端末788台を稼働する予定だったが、1部屋使用できなくなったため約670台になる。開発チームは「マシントラブルに注意し、全力を尽くしたい」と抱負を語っていた。

画像 自身の年齢を「26歳ぐらい」と答えて笑いをさそう

 質疑応答では「コンピュータ対戦の対策」が焦点となり、ソフトの事前提供などが問われた。川上会長は「人間がコンピュータに比べて不利な点がいくつもある。コンピュータと対局する上で、バランスをとったルールが必要かもしれない」と回答。公平なルール作りはこれまでも検討してきたが、来年の勝負までに再度調整していく。

画像 視聴者への質問タイム 「急に振られてもなw」

 いよいよ現役トップ棋士が参戦し、さらなる盛り上がりをみせてきた人間VSコンピュータ。「ボンクラーズ」「Puella α」の開発者・伊藤英紀さんは「(コンピュータ側が)4勝くらいする」と意気込むが、果たしてどうなるのか……。来春の週末はぜいたくな時間になりそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事