新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年01月03日 11時00分 UPDATE

こんな部屋、欲しすぎる……! 「バットマン ダークナイト」なホームシアタールーム

バットケイブなお部屋が欲しい。でも費用は200万ドル。

[ITmedia]

 部屋を好きな映画風に装飾したい――200万ドル払えば、そんな夢が現実になるようです。ホームシアター関連品を扱う会社が、個人の家に「バットマン ダークナイト」風のホームシアタールームを作りました。費用は200万ドル。

ah_bat_cave1.jpg

 この部屋はコネチカット州のあるお宅の地下に、Elite Home Theater Seatingが作ったもの。等身大バットスーツが置かれ、180インチのスクリーン、ガーゴイル像も。本棚をスライドさせると、バットモービルの実物大レプリカが現れます。スクリーンの前にはレーシングカーの座席のようなイスも並んでいます。スクリーンの反対側には暖炉があり、その横にはそれっぽい画面を表示したコンピュータが。

ah_bat_cave2.jpg

 ホームシアタールームに行くには、書斎の隠し扉を開ける必要があります。本棚に載ったシャークスピアの胸像を動かすと、本棚脇のグランドファーザークロックが動いてエレベーターのドアが現れるという秘密基地のような仕組み。エレベーターのドアを開けるには指紋認証が必要です。エレベーターが動き出すと、鏡張りの壁にボディスキャンの映像が映し出され、機械的な女性の声で「Security Clearance Granted」とアナウンスされるという凝りっぷり。

ah_bat_cave3.jpg

 きっかけは、Elite Home Theater Seatingに、冗談でダークナイト風ホームシアタールームをデザインしてほしいという依頼があったこと。同社は無料でデザインを作り、クライアントに「買うと約束してくれるなら実際にホームシアタールームを作る」と持ちかけたところ、クライアントは買うと約束したのだそうです。

ah_bat_cave4.jpg

 こんなカッコいい部屋が自分の家にもあったらいいなと思いますが、さすがに200万ドルは出せないですね……。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事