新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年01月11日 17時40分 UPDATE

板チョコの溝はキレイに割るためのものではなかった!

では溝は何のため? ロッテと明治の理由は――。

[ITmedia]

 板チョコの溝は、チョコをきれいに割るためのものではなかった――。発言小町の「板チョコの真実! 知らなかったのは私だけ?」というトピックに衝撃を受ける人が続出しています。

画像 うまく割れなくてモヤモヤしていたけど、そういうことだったの!?

 書き込みの内容は、「板チョコの溝は型から出しやすいように作られたものであって、溝に沿って割るためではない」というもの。対するコメントでは、「知らなかった!」「どうりできれいに割れないわけだ」といろんな人が驚きの声をあげていました。

 実際のところ、溝はなんのために入れているのでしょうか。「ガーナミルクチョコレート」のロッテと「明治ミルクチョコレート」の明治、それぞれの広報担当者に問い合わせてみました。

画像 ロッテ「ガーナミルクチョコレート」公式サイト

 それによると、ロッテでは、チョコを早く冷やして固めるために溝を入れているそうです。溝を入れることでチョコと型の接する面積が広くなり、熱が逃げやすくなるため早く固まるのだとか。また明治の場合は理由が2点あり、ひとつはロッテ同様チョコを速く固めるためと、もうひとつはチョコを型から取り外しやすくするためだとのこと。

画像 明治「明治ミルクチョコレート」公式サイト

 トピ主さんが書いていた「型から出しやすいように」というほかに、「早く冷やして固めるため」という効果もあったんですね。いずれにしても、板チョコの溝は効率よく製造するためのもので、きれいに割るためのものではなかったようです。うまく割れなくてモヤモヤしていた人も、これでちょっとはスッキリしたのでは!

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事