新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年01月11日 20時50分 UPDATE

作り込みと手間が半端ない……! 手作りの短編アニメプロジェクトがすごい

セル画を重ねてアニメを撮影するのと同じように、紙とガラスとカメラで作る短編アニメ映画が制作中。手間暇かかってます。

[ITmedia]

 デジタル時代に、あえてアニメを“手作り”する、そんなプロジェクトが進んでいます。

ah_asti1.jpg Astigmatismo(astigmatismo-shortfilm.comより)

 このプロジェクトは、紙で作ったキャラクターと撮影台を使って短編アニメ映画「Astigmatismo」を制作することを目指しています。スペインでイラストやアニメ、ゲームなどを手がけるNicolai Troshinskyさんによるものです。

 セル画を重ねてアニメを撮影するのと同じように、紙に書いて切り取ったキャラクターや背景をガラス板の上に置いて、それを何層も重ねて1コマずつ撮影していきます。撮影台は手作りで高さ2.7メートル、5層に及びます。単に紙のキャラクターを置くだけではなく、ガラスに直接絵を描き足して細かく作り込んでいます。

ah_asti2.jpg 撮影台
ah_asti3.jpg 紙のキャラクターを使う
ah_asti4.jpg キャラクターを置いたガラス板を重ねて撮影
ah_asti5.jpg 撮影台を上から見ると……

 Astigmatismoはメガネをなくしてしまった少年の話。少年は一度に1つのものにしか焦点を合わせることができないため、アニメの中ではさまざまなものがぼやけて見えます。こうした効果は撮影時にライトを使って作り出しており、あとから映像に視覚効果を加えたりはしないそうです。「コンピュータを使った方が安上がりでは?」という質問に、Troshinskyさんは「本物の光のぼかしはデジタルよりも美しい」と答えています。

 既に予告動画が公開されており、手作りアニメのできばえを見ることができます。撮影の様子も映っていて、かなりの手間暇がかかっていることが分かります。

 現在はまだ撮影中で完成時期は分かりませんが、Troshinskyさんは既にAstigmatismoの予約を受け付け中。最安で3ユーロ(映像本編、サウンドトラック、ニュースレターのセット)で、金額によってストーリーボードなどの追加コンテンツが付いてきます。

関連キーワード

撮影 | アニメ | 手作り | 海外


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事