ニュース
» 2013年01月17日 11時28分 UPDATE

敵だ! 展開せよ:東大、アブラムシが分業体制で天敵に立ち向かうことを解明

子どもとお年寄りは前進して防御! その他は逃げろ!

[ITmedia]

 アブラムシが天敵を前にすると、各々の役割に応じて防衛に適したフォーメーションをとることが東京大学の研究チームにより明らかになった。

 東京大学大学院総合文化研究科博士課程(現・日本学術振興会海外特別研究員)の植松圭吾氏らの研究によると、アブラムシは天敵の侵入に備えるために、もっとも若い個体ともっとも年寄りの個体が協力して防衛を担い、中間齢の個体は安全な場所に逃げて繁殖に専念する分業体制が存在することをつきとめた。

 常緑樹のイスノキに虫こぶという巣を形成し集団生活を営む社会性アブラムシ「ヨシノミヤアブラムシ」が研究対象となった。結果、繁殖の期待値が少ない若い幼虫とすでに繁殖を終えた老いた成虫が防衛に回ることで、集団全体での子孫の数をより多くするよう最適化していることが示唆されたという。「集団内で最も年上と年下の個体が同時期に利他的な行動を行う例は世界で初めての発見であり、今回の研究は生物の社会の進化について新たな視点を与えるもの」となる。

 同研究グループは、ヨシノミヤアブラムシには繁殖を終えた後も長生きする「おばあちゃん」アブラムシがいることをつきとめている。

画像 老いた無翅(翅を持たない)成虫は、腹部から分泌液を出して敵に体ごと付着することで防衛する

 研究内容は、英国王立協会「Biology Letters」に掲載された。

関連キーワード

東京大学 | 社会 | 進化 | 最適化 | 研究者


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー