ニュース
» 2013年01月17日 15時04分 UPDATE

路上で超絶パーカッションを披露する“スプーンおじさん”がクールすぎる

使う人が使えば、スプーンも立派な楽器に。

[ITmedia]

 ロンドンの路上で2本のスプーンを使って演奏する“スプーンおじさん”がかっこいいです。身の回りの食器を楽しい打楽器にしてしまう技術もすごければ、演奏中にみせる表情もすてき。

画像 実に楽しげにスプーンでビートを刻むおじさん

 エレクトロミュージックをバックにビートを刻むスプーンおじさん。スプーン2本を背中合わせにくっつけて、膝や腕に打ち当てて鳴らします。手をひらをこするようにして音を出すなど、体を上手く使っていろんなビートを演奏。工夫すればスプーンでもこんなに素晴らしい演奏ができるなんて、おじさんのパフォーマンスに感動です。

 YouTubeのコメント欄には、「まねようとしちゃいけない、こんなの不可能だ。目を覚ませ、スプーンなんてないんだ!」「今すぐ彼にお金をあげたい」などと、おじさんのパフォーマンスを称賛する声が多く寄せられています。あるコメント投稿者によると、おじさんはロンドンのバラ・マーケットや、サザーク大聖堂の外、帆船ゴールデンハインドのそばでよく見かけるそうです。旅行で訪れたときに会いに行ってみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

動画共有サービス | 楽器 | YouTube


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう