ニュース
» 2013年01月18日 11時36分 UPDATE

ここは前に何があった? 記憶を記録していく地図サイト「ここまえなんだっけ」

みんなの「あのとき」がつまった、ほっこりする地図。

[ITmedia]

 渋谷のツタヤができる前って何があったっけ? 前に何があったかを記録する地図サイト「ここまえなんだっけ」が1月15日に登場しました。自分の経験や人から聞いた「どこに」「いつ」「何があった」という記憶を、みんなで1つの地図に投稿して共有するサイトです。

画像 すでに地図にはいろんな「ここまえこんなんだった」が投稿されている

 地図はGoogleマップをベースにしていて、投稿者の記憶がピンになって表示されています。ピンの形や色はそれぞれ、記憶の正確さによって異なります。クリックするとウィンドウが表れ、「何があったか」「何年にあったか」「年代の正確さ」を知って楽しむことが可能。記憶を投稿するには、Twitterやfacebookのアカウントからサイトにログインする必要があります。

画像 私的エピソードといった「よけいなこと」をじゃんじゃん地図に書いていいとのこと

 サイトの制作者は、デイリーポータルZのWebマスターとしても知られる林雄司さん(@yaginome)。過去にも「東京トイレマップ」などのサイトを開設しています。

 サイト内で林さんは、「たくさんの人の記憶をひとつの地図にポイントしていけば時間軸のある地図ができあがります」「そこにあったものだけじゃなくて、CDショップがあってインストアライブで誰を見たとか、そういうエピソードも入っていると情報に深みが出るので嬉しいです(僕が)」と語っています。

関連キーワード

地図 | 投稿 | デイリーポータルZ | Google Maps


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう