ニュース
» 2013年01月19日 10時00分 UPDATE

鹿児島には茶色いローソンや茶色いファミマがあるんです

溶岩に囲まれてわっぜ渋いがよ。

[黒木 貴啓,ITmedia]

 鹿児島県桜島では、からあげくんが食べたくなっても茶色いコンビニへ、ファミチキが食べたくなっても茶色いコンビニへ入ります。ローソンとファミリーマートの外観が、どちらも茶色くなっているのです。

画像 茶色いローソン。溶岩に囲まれていてかっこいい

画像 置き看板やポール看板も例外ではなく茶色

画像 ファミリーマートもこの通り

 実際に足を運んでみると、確かに茶色い。ローソンは看板の青い部分が、ファミマは緑と青の部分が茶色になっています。ファミマの駐車場のポール看板だけはおなじみの緑色が残っていますが、背丈が通常のものより低く、5メートル弱しかありませんでした。

画像 ファミマのポール看板は緑ですが、高さが一般的のものより低め

 看板が茶色いのは、店舗の敷地が「霧島錦江湾国立公園」の特別地域にあたることから、鹿児島市の景観条例にのっとって広告物を茶色くしているのだそう。ファミマのポール看板も、高さ5メートル以下などの基準を満たして立っているとのこと。

 店舗名はローソン桜島店と、ファミリーマート桜島店。場所は「桜島フェリー」桜島港すぐそばの国道224号沿いにあって、どちらも港から徒歩5分、鹿児島市内からでも30分以内で行くことができます。

 なおローソン桜島店の方は、2013年1月末で閉店してしまうそう。町議会に署名を提出して2002年にようやく立地した、桜島の特別地域初めてのコンビニ。今のうちに足を運んでみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう