新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年01月21日 15時35分 UPDATE

オラオラオラッ 千手観音が往復ビンタしたら――物理エンジンによる検証動画がすごい

ただやられるしかない模様。

[ITmedia]

 物理演算エンジンを使って、さまざまな検証を行う「むにむに教授」の新作「千手観音の往復ビンタを検証してみた」がニコニコ動画などで人気です。

 千手観音がその手を使って誰かをビンタしたら一体どうなるのか――。動画ではまずCGの人型モデルが登場し、“千手”になるべく手の数を増やしていきます。4本、8本、16本……と順調に生えていき、文字通り“千手”になった姿は何ともシュールな感じです。

画像 リアル千手はコレジャナイ感

 けれども、千手観音は必ずしも千本必要なわけではなく、世界を救う40本と、胸元で合掌する2本の計42本の姿で知られています。ということで人型モデルの手も42本に。動画の本番はここからです。

画像 ということで42本に。ちなみに三十三間堂の千手観音坐像も42本です

 左右の手は1度に動かすと反動が大きい上、ビンタしようにも後方の手が届きません。42本すべてを無駄なく平等に使うためには、工夫が必要。動画ではそれぞれの手がぶつからないよう計算した上でローテーションで繰り出していきます。

画像 手をローテーションして無駄なく使う

 いざ往復ビンタが始まると……圧倒的な力がそこにはありました。ビンタを受ける視点になると、止まることなく次から次へと平手が飛んできてなすすべがないことが分かります。千手観音の偉大さが明らかになる作品でした。

画像 ただやられるしかない
画像 最後は千手観音を竹とんぼのように扱う荒行。大きな手は以前検証したガンダム

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー