新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年01月22日 09時00分 UPDATE

伝統工芸品×ハイテク技術で作る、のたうつ「宇宙クラゲ」ロボ

「宇宙クラゲ」ロボは、クラゲがのたうっている雰囲気を芸術的な感性で表現することで宇宙で泳ぐクラゲをイメージした。原型は薩摩焼というセラミックの陶磁器。

[DIGINFO TV]
DIGINFO TV

 東京大学大学院情報学環の河口洋一郎教授は「宇宙クラゲ」をテーマとし、クラゲが泳いでいる姿をロボットで制作しています。クラゲがのたうっている雰囲気を芸術的な感性で表現することで宇宙で泳ぐクラゲをイメージさせています。

今まではこのような軟体動物をロボティックにしたものはあまりないと思います。柔らかい動きをたくさん作らなければなりません。シンプルな機構を組み合わせて、クラゲの艶かしい動きを作るところに重点を置きました。繰り返しのゆらぎをうまく連動させながら、将来的にはそれに反応して感情的にいろいろやってくれるところまでもっていきたいと思っています。

 今回展示されているロボットの原型は薩摩焼というセラミックの陶磁器です。河口教授の地元の沈壽官と言う薩摩焼の著名な窯元の当主に、CGで型原型を作りそれを焼いてもらっています。

将来的にはもの作りの中に伝統工芸を入れていこうと思っているので、漆塗りなどにすることも考えています。今までやったことがないような組み合わせで新しい可能性を引き出して行きたいと考えております。

 河口教授は単なる芸術作品ではなく、中に入って宇宙旅行が行えるようなものを制作することを最終的な目標にしています。日本の伝統工芸品を世界に輸出するためにハイテク技術との融合を視野に入れ、今回のプロジェクトの成果を新しい文化創出に活かしていきたいと考えています。

関連キーワード

ロボット | 伝統工芸 | 陶器 | セラミック


Copyright(c) 2016 Digitized Information, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事