ニュース
» 2013年01月29日 17時25分 UPDATE

Googleマップに北朝鮮の地図が加わる 道路や駅名、名所の写真も

シュミット会長の訪朝とは「関連がない」とのこと。

[ITmedia]

 「Google マップ」で1月29日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の詳細な地図が加わった。ユーザーが場所の情報を追加できる「Google マップメーカー」を利用して製作したという。

画像

 これまでは海岸線などが描かれているだけの白地図の状態だったが、道路や街、駅の名前など詳細な情報が加わった。平壌市内を中心に観光スポットや名所の写真も地図上で確認できるようになっている。ストリートビューは対応していない。

 今月は米Googleのエリック・シュミット会長が北朝鮮を訪問したニュースも話題になったが、それらと今回の地図公開についてGoogle日本法人広報部は「関連がない」とコメントしている。


大きな地図で見る

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー