ニュース
» 2013年01月30日 08時23分 UPDATE

マスクをした時にメガネが曇るのをちょっとだけ軽減する簡単な方法

今すぐ試せます。

[ITmedia]

 インフルエンザの流行などもあり、街ではマスクをしている人をよく見かけます。ただ、冬のこの時期、マスクをするとメガネが曇ってしまうという悩みを持つ人も多いのでは? そんな人たちの間で「マスク着用時のメガネの曇りをたった1ステップで(ちょっと)軽減する簡単な方法」というTwitterで投稿された画像が話題になっています。

画像 1万1000回以上リツイートされています

 使用するのは鼻までしっかりガードしてくれるノーズブリッジタイプのマスク。やり方は本当に簡単で、マスクの上の部分をちょっと内側に折り曲げるだけ。画像の作成者によると「吐いた息が折ったところでUターンしてるのではないか」とのこと。実際にやってみたTwitterユーザーからは「本当に『ちょっとだけ』軽減される」「だだ曇り状態が軽い曇り状態になりました」といった声があがっています。

 画像にも「鼻の形状や骨格、呼吸の勢いによって個人差はあると思います」と注意書きがあるように、あくまで効果は「ちょっとだけ」。ねとらぼでも編集長に試してもらったところ、「若干改善された気もするが曇るものは曇る」「折り曲げた分マスクが小さくなる」とやや辛口の評価になりました。とはいえ、これだけ簡単な手順であのわずらわしい曇りが少しでも楽になるなら試してみる価値はあるのではないでしょうか。

画像 普通に着用して寒いところにいるとみるみる曇る

画像 折り曲げてみたところ若干改善した気がする

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう