ニュース
» 2013年01月30日 15時04分 UPDATE

JR中央線の車両に鉄柱が……事故の写真が続々とTwitterに 線路脇では炎も

Twitterのトレンドは事故関連のキーワードだらけに。けが人はいないとのこと。

[ITmedia]

 1月30日午後1時5分ごろJR中央線の国立駅〜西国分寺駅の間で、走行中の車両と架線に鉄柱などが倒れかかる事故が発生した。現場の写真や車内の様子は、その場に居合わせた人たちによってTwitterに多数投稿され、早速NAVERまとめにまとめられている。

画像 NAVERまとめ

 JR東日本広報部によると、中央線上りの特別快速が「異常な音」に気づいて緊急停車した。乗務員が確認したところ、住宅建築用のネットや骨組みが2号車付近の架線に倒れかかっていたという。このため午後2時40分現在、武蔵小金井駅〜立川駅の間で上下線の運転を見合わせている。復旧のめどは立っていないという。けが人はいないとのこと。(※30日午後3時20分追記:運転再開は午後6時頃の見込み)

 現場の様子はTwitterですぐに広まり、トレンドは「鉄柱」「JR中央線」「架線」など関連キーワードで埋め尽くされた。写真も続々とアップされており、鉄柱が直撃して止まっている車両や、乗客が心配そうに外を見つめる様子などが捉えられている。線路脇の草むらが燃えて、炎が上がっている写真もあり、緊張感が伝わってくる。炎の原因は「まだ分からない」(JR東日本広報部)との説明だった。


画像 トレンドが事故関連に

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう