新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年01月30日 21時04分 UPDATE

ウンコ×下水×動物園=無理:脳天貫くウンコの香り→そして昇天 世界一臭い食材を大人が泣きながら食べてみた

新宿ロフトプラスワンで開催された「世界のくさウマ実食会」。“世界一の臭さ”と言われるシュールストレミングをはじめ、世界中の「くさウマ」食材を食べ尽くすイベントだ。

[池谷勇人,ITmedia]

 世界一臭い食べ物というのは、一体どれくらい臭いのか――。

 新宿ロフトプラスワンで1月29日、世界の臭い食べ物をみんなで食べるトークライブ「世界のくさウマ実食会」が開催された。入場時、「このイベントに関しての苦情は一切受け付けません」という念書にサインしないと入れてもらえないという念の入れよう。当日出演食材の中にはもちろん“世界一臭い食べ物”として有名な「シュールストレミング」の名前もあり、くさウマ好きたちの注目を集めた。

 シュールストレミングのほかにも“世界で2番目に臭い”と言われる韓国の「ホンオフェ」、中国の「臭豆腐」などなど、くさウマ界の実力者たちが一堂に会し、しかもすべて試食可能という夢のイベント。筆者も会社で翌日「臭っ!」と言われるのを覚悟で参加してきたので、会場で出された「くさウマ食材」たちの味と臭いをリポートしよう。

画像 “缶詰博士”として知られる黒川勇人さん(左から2番目)が中心となり、さまざまな「くさウマ食材」を紹介

まだまだ序の口? 「モンドールチーズ」

 1品目は、冬場のこの時期にしか食べられないという「モンドールチーズ」。関西を中心に“流しのチーズ屋”として活動している、チーズ魂(@cheese_session)さんが、この日のために熟成させたという逸品を持ってきてくれた。

 中がトロトロでやわらかく、スプーンですくって食べるのがモンドールチーズの特徴。濃厚なカマンベールチーズのような味で、食べると舌の上にぷーんと塩味と苦みが広がる。苦みがかなり強いので好き嫌いがハッキリ分かれそうだが、ニオイはそれほどキツくなく、おいしく完食することができた。

画像 小さな桶のような入れ物に入ったモンドールチーズ。中はトロトロで、スプーンで取り分けて食べる

画像 右がモンドールチーズ。左はヤギのチーズだそうで、こちらもおいしかった

下水と動物園のハーモニー 「臭豆腐」

 続いて出てきたのは中国の「臭豆腐(しゅうどうふ)」。Wikipedia先生によると「植物の汁と石灰等を混合し、納豆菌と酪酸菌によって発酵させた漬け汁に豆腐を一晩程度つけ込んだ物」だそう。表面はちょっと緑がかった灰色で、パッと見た感じは蟹味噌のペーストのように見える。

画像 日本だと瓶詰めで売られているそう。そのまま食べてもいいが、中国では厚揚げにして食べることも多い

 顔を近づけてみると、唐突にすさまじいウンコ臭が鼻から脳天を貫いた。身近な臭いに例えるなら、下水と動物園の臭いをミックスしたような感じ。あるいはウンコはウンコでもとびきり体調が悪い時のウンコである。こ、これは脳が全力で「食べるな」と言っている気がする!

 とりあえず爪ようじの先にちょっとだけ付けて食べてみる。味噌のような濃厚なしょっぱさに続いて、フレッシュなウンコ臭が口の中いっぱいに広がった。ハイ無理! これは無理! あやうく吐きそうになり、慌ててお酒で流し込んだ。

画像 これが臭豆腐。こうして写真を見るだけでも臭いがよみがえってくる……

 結局、ほんのひとなめしただけでギブアップ。超神水を一口なめて悶絶したヤジロベーもきっとこんな気分だったのかもしれない。また相当しつこい臭さのようで、何度お酒で口をゆすいでもウンコ臭さがなかなか消えないのにも困った。

国内最“香”峰の実力は? 「くさや」

 3番手はご存じ、日本の「くさや」。「しょっちる」と呼ばれる汁につけ込んだ魚の干物で、焼くときにものすごい臭いがするのが特徴。今回はなんと、国内では最“香”峰とされる「新島産のくさや」がふるまわれた。

 実はくさや初体験だったのだが、一口食べた感想は「おいしい!」。焼くときは確かに強烈なウンコ臭(下水+洗ってない犬+魚の生臭さ)がするものの、小皿に取り分けられてみるとそこまで気にはならない。普通の干物よりうまみが濃く、好きな人が多いのもうなずける味だった。

画像 会場ではムロアジとトビウオのくさやが提供された。初めて食べたけど、おいしい!

鼻をつくアンモニア臭 「ホンオフェ」

 4番手は“世界で2番目に臭い”と言われる韓国の「ホンオフェ」が登場。発酵させたエイの刺身で、エイならではの強烈なアンモニア臭が特徴だ。

 これまでのウンコ系臭さとは明らかにジャンルの違う臭さで、「臭豆腐は平気でもホンオフェはダメ」という人もいるとか。食べてみると、なるほど、噛めば噛むほど身の中のアンモニアがしみ出てきて、口の中がちょっとしびれる感覚もある。

 ただ食べられないというほどではなく、これはなんとか完食。キムチや豚肉と一緒に食べるのがオススメの食べ方だそうで、そのとおり試してみたところ、確かにキムチの辛さと酸っぱさがうまくアンモニアの臭さを中和してくれた。ホンオフェ自体には薄い塩味がついていて、刺身というよりカルパッチョのような感じだった。

画像 右下に見えるのがホンオフェ。キムチ、豚肉と一緒に食べればなんとか……

世界一の貫禄 「シュールストレミング」

 そして最後はもちろん、“世界一臭い食べ物”ことスウェーデンの「シュールストレミング」の登場だ。シュール=酸っぱい、ストレミング=ニシンの意味で、ニシンをタルに詰めて8週間熟成させたのち、さらに缶に詰めて発酵させたもの。臭いの強さは納豆の20倍と言われ、汁が服やカーペットなどに付いたら捨てるしかない、というくらいデンジャラスなシロモノだ。

画像 黒田さんが手に持っているのがシュールストレミングの缶

画像 安全に配慮し、今回はステージ上での開缶は断念。事前に外で開封し、中身だけを取り出しておいたそう

画像 先陣を切って食べる黒田さん

画像 ガブッといったー!

 説明ののち、いよいよ客席にシュールストレミングが配られる。臭豆腐は顔を近づけなければ大丈夫だったが、シュールストレミングは隣のテーブルに置いてあるだけで顔をしかめたくなる臭い。これが世界一……! ニオイはやはり王道のウンコ系で、加えてタクアンのような発酵臭も感じられた。

 今回は現地の伝統的な食べ方にのっとり、小さく刻んだシュールストレミングを薄いパンの上に乗せ、さらにジャガイモ、タマネギ、トマト、バターなどと一緒にいただいた。ドキドキしながら口に含むと……あれ? タマネギ、トマトのおかげでかなり臭みが軽減され、意外にイケる。味は塩辛というかアンチョビのようで、パンにほどよい塩気がマッチ。そのままもりもりと食べ進み、すんなり完食してしまった。シュールストレミング、全然いけるじゃん!

画像 こんな感じで食べるのが伝統的食べ方だそう。トマトの下に、小さく刻んだシュールストレミングが

画像 缶の中に入っていた汁を嗅がせてもらう参加者たち。この汁が1滴でも服についたら一巻の終わり

「臭豆腐」だけは無理でした

 個人的にランキングを付けるなら、臭豆腐>>>(越えられない壁)>>>ホンオフェ>シュールストレミング>くさや>モンドールチーズの順でキツかった。臭いの強さで言えばシュールストレミングが圧倒的だったが、タクアン臭がけっこう強いため、こちらはまだ脳が「食べ物」だと判断してくれたのだと思う。対する臭豆腐はまさにウンコそのもので、口に入れた瞬間、頭からつま先まで下水に浸かったような錯覚に陥った。他の食材は一応すべて完食したが、臭豆腐だけは最初のひとなめだけでギブアップしてしまった。

 あと、臭豆腐と並んで臭かったのが、くさやを作る時に漬ける「しょっちる」。特別にちょっとだけ味見させてもらったのだが、たった一滴手のひらに垂らしただけなのに、その後石けんでいくら洗っても臭いが取れず、その手で触った手袋や服にまで臭いが移ってしまうなど大惨事に。1日経ってようやく臭いが薄れてきたが、このままずっとこの臭いが取れなかったらどうしようかと本気で焦った。

 イベントは大盛況で、平日の開催にもかかわらず会場は満席。ぜひまた開催したいとのことだったので、今回参加できなかった人は第2回の開催をお楽しみに。

画像 この真っ黒な液体が「しょっちる」

画像 1滴だけ手に垂らしてもらった。味は塩辛く、臭いはやっぱりウンコ系だった

画像 おみやげに物販コーナーでシュールストレミング購入。ちなみにこれで5000円!

関連キーワード

イベント | 缶詰 | スウェーデン | グルメ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー