新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年02月01日 20時40分 UPDATE

「キャプテンハーロック」CGアニメ映画が今秋ロードショー 予告を公開

監督は「アップルシード」の荒牧伸志さん。総製作費用は東映アニメ史上最高の約27億5000万円に上る。

[ITmedia]

 松本零士さんの「宇宙海賊キャプテンハーロック」がCGアニメ映画になる。2013年秋に全国ロードショー予定で、英語音声・日本語字幕の予告が公開された。


画像 映画「キャプテンハーロック」(C)LEIJI MATSUMOTO/CAPTAIN HARLOCK Film Partners

 新作映画「キャプテンハーロック」は、監督にアニメ映画「アップルシード」の荒牧伸志さん、脚本に「亡国のイージス」の作家・福井晴敏さんらを迎える。制作は東映アニメーションで、総製作費用は同社史上最高となる3000万ドル(約27億5000万円)。

 過去作品のリメイクというわけではなく「外伝とも言える世界を再構築」したもの。「バットマン」とクリストファー・ノーラン版「バットマン」シリーズのように、リメイクというより“リブート”(再誕)と言えるという。ハリウッドの制作スタイルを初めて取り入れ、世界市場を狙った作品となっている。

画像 過去のテレビアニメ版 (C)松本零士・東映アニメーション

画像 劇場版「銀河鉄道999」 (C)松本零士・東映アニメーション

 宇宙海賊キャプテンハーロックは1970年代にテレビアニメが放映された。地球連邦政府に叛旗を翻した宇宙海賊キャプテンハーロックと、無敵の宇宙戦艦アルカディア号に乗り込んだ40人の仲間たちを描き、日本だけでなくヨーロッパでも人気を博している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー