新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年02月04日 14時41分 UPDATE

Google翻訳に関西弁をしゃべらせるライフハック

関西弁にしたい言葉を「in」と「or」で挟むんやで。

[ITmedia]

 英文を入力するだけで日本語に変換してくれる便利なGoogle翻訳。このGoogle翻訳、実は関西弁まで使いこなす(?)ということが判明してネットで話題になっています。

 きっかけとなったのは2ちゃんねる「ニュース速報(VIP)」板に立てられた「Google翻訳でwhere do you go andっていれてみろwwww」というスレッド。入力してみると「あなたはどこに行くんや」という翻訳結果が! こ、こいつ関西弁を喋るぞ!

画像 関西弁を喋るGoogle翻訳さん

 スレッド内ではさらに研究が進み、「in do」が「やるで」、「ええin feeling or」が「ええ感じやで」になることが判明(ちなみに「in feeling or」だと「感覚やで」)。詳しいメカニズムは不明ですが、単語を「in」と「or」で挟むと「やで」という関西弁に翻訳されることが多いようです。

画像 うまくいかない場合もあります

 ネット上では「無理にでも翻訳してくれようとする健気さに惚れたわ」といった声も。翻訳ソフトの日本語は機械的で読みにくい印象も強いですが、こうするとちょっと人間味が感じられて面白いですね。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事