ニュース
» 2013年02月04日 18時47分 UPDATE

2月6日、首都圏に大雪の予報

全国的に広い範囲で雪に警戒。

[ITmedia]

 2月6日、首都圏で大雪になるとの予報が日本気象協会より発表されている。

 首都圏の広い範囲でも雪が積もった1月14日と同様に、本州の南岸を低気圧が発達しながら通過する見込み。ちょうど雪の降る時間帯が、通勤通学の時間帯と重なるため注意を呼び掛けている。

 雪の範囲は広く、九州から東北南部にかけて雪や雨が降る予報で、関東や北陸、東北南部はもちろん、西日本でも近畿や瀬戸内の平野部でも雪となりそうだ。

画像 予想天気図(6日午前9時)

 首都圏では2月5日の深夜から雨や雪が降り始め、6日朝の通勤通学の時間帯にもっとも降る可能性が高く、それが夜にかけて続くとのこと。なお、首都圏の大雪は1月14日に横浜で13センチ、東京都心でも8センチの積雪を記録している。もし首都圏で積雪があるようであれば、1月28日(千葉で8センチ、銚子で5センチの積雪を記録)に続き、今年3度目となる。

画像 あくまでも予報ですが注意が必要です

画像 tenki.jpの予報でも雪マーク

関連キーワード

日本気象協会 | 通勤時間 | 天気


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう