ニュース
» 2013年02月07日 15時48分 UPDATE

これってホント? ドキュメンタリーに出てくる遊園地アトラクションがヤバすぎる

乗ってみたいけど乗ったら失神しそう。

[ITmedia]

 回転する球体から、何百本ものブランコが伸びている……。ある科学者のドキュメンタリー映像に出てくる遊園地アトラクションが、どれも現実離れしていて恐ろしいです。

画像 球体から四方八方に広がるブランコ……なんじゃこりゃ!

 科学者は遠心力と脳の関わりを研究しているらしく、脳に遠心力が働く遊園地アトラクションを数々設計してきたもよう。動画では7つのアトラクションを、乗客が乗っている映像とともに紹介していきます。

画像 設計した科学者がアトラクションについて説明してくれる

画像 3段重ねの絶叫マシン、その名も「ウェディングケーキ」

 フリーフォールのように乗り物がゆっくりと上がっていき、てっぺんから枝分かれしたレールへ高速発射される絶叫マシン(2003年作)。1周するのに14時間かかる空中ゴンドラ(1991年作)。映像からは乗客の悲鳴も聞こえ、科学者は設計図も見せたりします。作りが明らかに安全じゃなさそうだけど、こんなアトラクションって本当に実在するの!?

画像 塔のてっぺんから発射される絶叫マシン。これを見て乗り込む勇気が湧くだろうか

画像 観覧ゴンドラは1周14時間。閉園時間に注意しなくちゃ

画像 ひゅん……

画像 ぶぉっ(※先っちょにいるのが乗客たちです)

 実はこれ、ドキュメンタリーそのものがフィクション。アトラクションの映像はCGで作られているようです。さすがにこんな乗り物ありえないか……と思いつつ、あったらあったで遊んでみたいかも。

関連キーワード

テーマパーク/遊園地


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう