ニュース
» 2013年02月07日 17時10分 UPDATE

チキンでライスをサンドした「超肉食系」メニュー、ウワサのケンタッキーチキンライスを食べてみた

これはサンドやない! サンドの形をしたチキンや!

[ITmedia]

 2月7日より販売開始となった、ケンタッキー・フライド・チキンの新メニュー「ケンタッキーチキンライス」(紹介記事)。バンズを使わず、チキンでチキンライスをサンドするという衝撃の発想で話題になった同サンド、果たしてどんな味なのか、さっそく買って食べてみました。

画像 大きさはチキンフィレサンドと同じくらい

画像 圧倒的……まさに圧倒的チキン……ッ!

 大きさは普通のチキンフィレサンドなどと同じくらいですが、手に持つとずっしりとした重量感が。チキンフィレサンドがだいたい160グラムちょっとなのに対し、ケンタッキーチキンライスは約256グラム(公式発表)。みっしりと中身が詰まっていることがうかがえます。ちなみにこれで585キロカロリー。

 包み紙を開けると、まず目に飛び込んでくるのはチキン! いつもはバンズやレタスのかげでおとなしくしているチキンが、この日を待っていたと言わんばかりにドーンと胸を張っています(胸肉だけに)。チキンの間には、平たく延ばしたチキンライスと、チェダースライスチーズ、特製トマトソース、特製マヨソースがサンドされています。

画像 片側には特製ケチャップソース

画像 もう片側には特製マヨソースとチェダースライスチーズ

 えいっと大口をあけてかぶりつくと、オリジナルチキンのスパイシーな味に続いて、ケチャップライスの酸味と甘味が口の中に広がります。どちらもかなり味の濃い食べ物ですが、チキンのしょっぱさがチキンライスの甘みを引き立て、チキンライスの酸味と甘みがチキンのしょっぱさをうまく中和している印象。ボリューム的にはオリジナルチキン2個分くらいあるのですが、おかげで最後まで飽きずにペロッと食べきることができました。

画像 いただきまーす。ガブリ

 ボリュームは満点で、チキンフィレサンドだとちょっと物足りなくてポテトを付けたりする筆者でも、これなら1個で十分満足できる大きさ。また手の汚れを気にせず、手軽にチキンにかぶりつけるのもいいですね。

 とにかく肉々しさがものすごく、サンドメニューというよりは「サンドの形をしたチキン」と言った方がいいかもしれません。価格は450円、途中で飲み物が欲しくなること間違いナシなので、ドリンク付き600円のセットもオススメです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう