ニュース
» 2013年02月08日 18時20分 UPDATE

「Amazonガチャ」終了 「迷惑をお掛けした関係者への責任を取る」

「サービス名がAmazonの商標権を侵害しているのでは」といった批判が相次いでいた。

[ITmedia]

 筑波大学発のベンチャー企業BearTailは2月8日、Amazonからランダムで商品を購入する「Amazonガチャ」のサービスを終了した。2月4日にスタートしたばかりだが、「サービス名がAmazonの商標権を侵害しているのでは」「非公式サービスだとわかりにくい」といった批判が相次いでいた。

画像

 BearTailはサービス終了に関する説明資料を公開。サービス名称によって「閲覧者様に対して誤認を発生させてしまった」として、Amazonと閲覧者に謝罪している。名称を変更した上でのサービス継続も検討したが「ご迷惑をお掛けした関係者への責任を取り」終了を決めた。ユーザーが支払った料金は全額返金したという。

 同社は「ユーザー様に対してはご期待に応えることが出来ず、申し訳ございませんでした。今後コンプライアンスによりいっそう気を配り、世界を変えうる価値あるサービス提供のため、努力して参ります」とコメントしている。

 Amazonガチャは、毎月5000円の利用料金を支払うと、4500円分の商品をサービス側でランダムに抽出してAmazonに注文し、届けるというもの。「ガチャを回す様なドキドキ感と、何が出てくるか全くわからないワクワク感」を提供するとアピールしていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう