ニュース
» 2013年02月08日 19時52分 UPDATE

北日本が吹雪で大変なことに 「10メートル前の車が突然視界から消えました」

Twitterには真っ白な写真が次々と。

[ITmedia]

 「うひゃひゃ地吹雪。前見えん〜」「地吹雪なぅ」「あっという間ホワイトアウト」――。

 強い冬型の気圧配置により、猛烈な寒さに覆われた2月8日。北海道・東北・北陸の日本海側では、ところどころで地吹雪やホワイトアウトの報告が相次いだ。Twitterに投稿された地吹雪の写真が「NAVERまとめ」にまとめられている。


 地吹雪とは、地面に降り積もった雪が強風で舞い上げられ、雪が降っていないのにまるで吹雪のような状態になる現象のこと。投稿された写真を見ると、もはや前を走る車がうっすら見えるだけだったり、道路照明灯の頭しか見えなかったりと、大変なことになっている様子がありありと伝わってくる。中には「今日の秋田県大仙市付近の天候は『吹雪、時々ホワイトアウト』です。10メートル前の車が突然視界から消えました」など、吹雪の深刻さを物語るツイートも。




 日本気象協会「Tenki.jp」の現時点の天気概要によると、北日本は風の強い状態が今夜まで続き、北海道は明朝まで猛吹雪に警戒が必要とのこと。大雪のピークも過ぎてきたが、北陸より北の日本海側は明日昼ごろにかけて雪が続くそう。積雪の多い山付近は、雪崩の注意も必要だ。

関連キーワード

天気 | 日本気象協会 | まとめ | 写真 | NAVERまとめ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう