新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年02月13日 00時10分 UPDATE

「Perfume」「クラタス」も受賞 第16回文化庁メディア芸術祭の作品展に一足早く潜入してきた!

受賞作品を楽しめるマンガライブラリー、上映会もすべて無料!

[黒木 貴啓,ITmedia]

 平成24年度・第16回文化庁メディア芸術祭の受賞作品展が、2月13日から2月24日まで開催される。会場は東京・六本木の国立新美術館をメインに、シネマート六本木、東京ミッドタウン、スーパー・デラックスの4カ所。入場料は無料で、開館時間は午前10時から午後6時までとなる(金曜日は午後8時まで、19日は休館)。

画像画像

 本展では、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で国内外3503作品の応募から選ばれた120作品を展示・上映、ほかにも功労賞4名を紹介する。今回はメイン会場である国立新美術館の展示写真を中心に、作品やイベントを紹介しよう。

画像 エンターテイメント部門・優秀賞「勝手に入るゴミ箱」。ゴミ箱が独りでゴミを拾いに走るデモンストレーションも、16・17・23日に実施

画像 エンターテイメント部門・大賞「Perfume“Global Site Project”」。一般の人が二次創作したPerfumeのダンス映像も流れている

画像 エンターテイメント部門・優秀賞「水道橋重工『KURATAS』」。21日にプレゼンテーション「KURATASとは何か?」を国立新美術館にて実施

画像 アート部門・大賞「Pendulum Choir」。9人の声楽家が自動制御の台座から披露するパフォーマンスを、13・14日に東京ミッドタウンにて実施

画像画像 アート部門・優秀賞「欲望のコード」。カメラを搭載した90個のストラクチャー、6基のサーチアーム、複眼のようなスクリーンで、「見る」と「見られる」が同時に成立する現代を体感できる

画像画像 マンガ部門では受賞作品の原稿やネームなどが見られる。受賞・推薦作を全巻自由に閲覧できるマンガライブラリーが、シネマート六本木に設置

画像画像 マンガ部門・優秀賞「GUNSLINGER GIRL」。作者・相田裕さんによるプレゼン「GUNSLINGER GIRLが提起したこと」が、17日に東京ミッドタウンで実施

画像画像 マンガ部門・新人賞「千年万年りんごの子」。作者・田中相さんと、同賞受賞のおざわゆきさんらによるプレゼン「同人誌からの新しい世代(仮)」が、15日に国立新美術館で実施

画像 「花とゆめ」「LaLa」などを創刊した編集者・小長井信昌さんに功労賞。「ガラスの仮面」の作家・美内すずえさんもゲストで登場するシンポジウム「少女マンガの立役者」は、22日に国立新美術館にて

画像画像 アニメーション部門では各賞のダイジェスト映像が流れている。各作品の上映をシネマート六本木にて実施。各回定員135名で当日先着、トーク付きの回は事前申込制となる。上映スケジュールはこちら

画像 ガンダムのモビルスーツのデザインで知られる大河原邦男さんも功労賞を受賞し、複製原画などが展示されている。本人のトーク付きの上映会「大河原邦男メカニックデザイン特集」が、24日にシネマート六本木で実施

関連キーワード

芸術 | 受賞 | 美術館 | 文化庁 | イベント | クラタス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

  1. 踏切で一時停止した車にトラック運転手が激高、鈍器でドアガラスを殴る動画が拡散中 会社側は非を認めて謝罪
  2. 新垣結衣のNGシーンが人類を至福で包む 「逃げ恥」ダイジェスト&恋ダンスロングVer.が公開
  3. ちょっと男子ー キリン「SPECIAL STUDENT」の小学生あるあるが全部あんたたちのことじゃない
  4. 「いつ乗車禁止になるの? 私は2年半戦ってる」―― バスの通路をふさぐ“迷惑おばさん”動画が話題に バス会社の対応は
  5. 画像盗用で謝罪した「君の名は。」風写真加工アプリ「Everfilter」 新海誠監督の所属事務所は「許可を与えていない」
  6. 完成度高けーなオイ! 実写版「銀魂」のビジュアルが解禁、銀髪の小栗旬に地味メガネな菅田将暉、チャイナ服の橋本環奈も
  7. 指があぁぁぁ! 実写版映画「銀魂」、小栗旬演じる銀さんのビジュアルにファン「オイィィィ!」
  8. 「ウチの猫の変な習性に気がついた」 手をニギニギすると頭をスポッとはめてくる猫ちゃんが圧倒的にかわいい
  9. 「君の名は。」を酷評した漫画家・江川達也が炎上 同業の奥浩哉が「この人、なんのプロなんだろう…」と批判
  10. mixiの「黒歴史日記を掘り返すキャンペーン」に過去のユーザー絶叫 「消してえええ!」「パスワード忘れた!」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー