ニュース
» 2013年02月19日 14時07分 UPDATE

ケルベロス、ヘラクレス、タナトス? 冥王星の衛星の名前を募集中

ギリシア神話関連の名称が候補にずらり。

[ITmedia]

 アメリカの非営利組織・SETI研究所が、2011年と2012年に発見された冥王星の衛星名を募集しています。

画像 SETI研究所

 特設サイトで、2つの衛星「P4」「P5」に変わる呼称の募集・投票を受け付け、投票結果を参考に国際天文学連合に提案するとのこと。候補名には「ケルベロス(地獄の番犬)」「ヘラクレス(英雄)」「タナトス(死の神)」など、ギリシア神話関連の名称が並んでいます。

 冥王星(Pluto)がローマ神話に登場する冥界の王・プルートーから命名されていることから、冥王星の衛星名も、ローマ神話やギリシア神話に由来する名前が付いています。これまで存在が確認されていた3つの衛星名は、それぞれ「カロン(冥界の河の渡し守)」「ニクス(夜の女神)」「ヒドラ(9頭の怪物)」。新たな2つの衛星名の行方は!? 投票締め切りは2月26日です。

画像

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー