新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年02月24日 09時00分 UPDATE

ウルトラマン×伝統工芸:匠の技が新たな命を吹き込んだ「ウルトラ九谷焼」[2/2]

世界を代表する特撮シリーズと、とある地方都市のコラボレーションの物語。

[TokyoOtakuMode]
tokyoOtakuMode
ah_tom21.jpg

 九谷焼のふるさとである石川県能美市は、昨年に市制7周年を迎えた。ウルトラファンのみんなは『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』の製作に参加していた脚本家、佐々木守(1936-2006)を知っているかもしれないが、実はこの能美市(旧根上町)の出身なんだ。ま、それにしても能美市はウルトラヒーローたちよりずいぶんと若いんだけどね。

 そんな能美市と、人気の特撮シリーズとの関わりは、円谷プロとのコラボレーションで2004年に小さなテーマパーク「ウルトラスタジアム」をオープンさせたことにはじまる。いったんは2007年に閉鎖されたウルトラスタジアムだったが、存続を求めるファンの声は強く、翌年には再開している。つまり、能美市は「ウルトラ市」を目指しているわけだ。

 市制7周年を記念して、能美市ではウルトラ「セブン」に引っ掛けたイベントがいくつも開催された。その人気たるや凄まじく、そこで九谷焼によるオリジナル作品として、ベテラン作家の手になるバルタン星人、ウルトラマン、カネゴン、ピグモン……という一連のシリーズが製作された。しかしウルトラマンが最初の一作でなかったんは、なぜなんだろう?

 そして今年、新たな展開として若手女性作家による製作となったのが、ウルトラセブン、エレキング、メトロン星人というわけだ。しかも能美市に出かければ、白磁のフィギュアに自分で絵付けをして、焼き上げて、自分だけのウルトラ九谷焼を持って帰れるというワークショップもあるという。それに、作家のシリーズも販売が検討されているとか……というわけで、ちょっと目が離せないハナシになっているのだ。


ah_tom22.jpg シリーズ第1作:バルタン星人
ah_tom23.jpg シリーズ第2作:ウルトラマン、その人
ah_tom24.jpg シリーズ第3作:カネゴン

ah_tom25.jpg シリーズ第4作:ピグモン。ガラモンじゃないからね!
ah_tom26.jpg こちらは九谷焼の小鉢。アイスラッガーだ!

原文:Ultra Characters Recreated Using Kutani Techniques [2/2]

関連キーワード

円谷プロ | 伝統工芸 | 陶器 | ウルトラマン


© 2016 Tokyo Otaku Mode Inc.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事