新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年02月25日 15時19分 UPDATE

ホワイトデーのお返しにオレを食べてくれ! 自分の「全身」グミを作れるワークショップ開催

バレンタインは本当にありがとう……さあ、オレのすべてでもって返させてもらうよ。

[ITmedia]

 ホワイトデーでのお返しとして、3Dプリンタであなたの全身グミを作るワークショップ、「ものづくり男子限定!ホワイトデー3Dワークショップ “男グミ”」が開催されます。講義は3月2日と3月9日の連続2回形式。会場は「Fabcafe渋谷」の2階「CUBE」です。

画像 きみの食べ方は頭から派? 足から派?

 バレンタインには女子が3Dプリンタで顔型チョコレートを作るワークショップが開催され、ねとらぼでも紹介しましたが、今回はその逆バージョン。講義では男子が自分の全身をかたどったグミを作ります。

 1日目、グミにしたいポーズを3Dスキャンし、PCで全形を調整。2日目は3Dプリンタで出力されたグミの原型モデルと、それを元にバキューム成形された型を使って、グミを完成させます。味は用意されたものから好きなものを選べるとのこと。グミが冷え固まるまでは、FabCafeのスイーツとドリンクを楽しんだり、3Dプリンタのデモを楽しめたりするそうです。

画像 返したい気持ちを全身スキャン

画像 データを修正して、グミの原型を作成

 終わると原型モデルとバキューム成形型の両方が持ち帰れます。参加費用は6000円で、申込はFabCafe公式サイトから。男子限定イベントですが、「いや、ココロは日本男子だ!」という方はお断りしないとのこと。女の子から受けとめた愛を、全身全霊で返してみてはいかでしょうか。

画像 持ち帰った型で大量生産可能だ!

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事