ニュース
» 2013年03月04日 20時00分 UPDATE

身近なところから伝統色を発見するカメラアプリ「Kyoto Camera」

うちの近くのあの信号って、“止まれ”は「猩々緋」、“進め”は「萌葱色」だったのかー。

[ITmedia]

 身近なところから京都らしい伝統色を発見するカメラアプリ「Kyoto Camera」(iOS5以降対応、価格:85円)が登場した。レンズを向けた対象が、伝統色だと何色なのかを探して撮影できるアプリだ。

画像 「Kyoto Camera」撮影画面

 撮影画面中央の白い点を対象に向けると、対象と同じ伝統色の名前と色が表示される。撮影ボタンを押すと、写真と色の名前がセットになって保存フォルダへ。できあがった画像は伝統色の見本図のようだ。信号機など近代的なものを対象にすると、写真と文字のギャップがあって楽しい。

 ふだん渡っている横断歩道の信号は何色だろう。カメラを向けると、赤は「猩々緋(しょうじょうひ)」、青は「萌葱色(もえぎいろ)」と表示された。普段は使わないけど、カッコいい名前! 場所によっては違う名前が出るかもしれない。

画像画像 “止まれ”は「猩々緋」、“進め”は「萌葱色」だった

 つい身近な伝統色を探したくなってしまうこのアプリ。チョコボールは「憲法黒茶」。ローソンの看板の青いところは「露草色」でした。さて、あなたの身近にある伝統色は?

画像画像 チョコボールは「憲法黒茶」、ローソンは「露草色」。由来が気になる……

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう