新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年03月05日 18時17分 UPDATE

宮崎監督が3秒でOKを出した舞台版「もののけ姫」 せりふは英語、タタリ神はパペットで (1/2)

「誤解を恐れずに言いますが、変なもののけ姫を見てみたいんですよ」と鈴木敏夫プロデューサー。

[宮本真希,ITmedia]

 イギリスの若手劇団「Whole Hog Theatre」(ホール・ホグ・シアター)による舞台「Princess MONONOKE〜もののけ姫〜」が4月29日から日本でも上演される。宮崎駿監督が自作の舞台化を許諾するのは初めてだ。ただし脚本や演出にスタジオジブリはノータッチ。「許諾するというのは相手を100%信頼すること。途中でシナリオを見せろっていうのは信頼じゃないですから。全部あなたに任せる。そういうことです」と、スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーは語る。

画像 鈴木プロデューサーとアレクサンドラ・ルターさんとこだま

 舞台版もののけ姫は、タタリ神やこだまといったキャラクターをパペットで表現する。パペットは3人がかりで操るような大きなものもあるという。人間のキャラクターは15人の役者が75人を演じ分ける。せりふは英語のため、日本では字幕付きで上演する。楽曲は、久石譲さんによるオリジナル音楽を舞台用に編曲したもの。構成・演出はホール・ホグ・シアターの創設者の1人で、アートディレクターのアレクサンドラ・ルターさんが務める。

画像

 イギリスでは4月の公演チケットが72時間で完売。さらに6月の再演チケットは4時間半で完売し、劇場の記録を塗り替えるなど注目を集めている。「誤解を恐れずに言いますが、変なもののけ姫を見てみたいんですよ。イギリスの人がもののけ姫を見てどう思ったのかをそっくりそのまま見せてほしい。こじんまりまとまったものじゃなくて、破綻を来してもいいから面白いものを」と鈴木プロデューサーの期待も高いようだ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事