新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年03月05日 18時48分 UPDATE

東急電鉄、上下に動くホームドアを試験運用

柱の間にワイヤーロープを張って上下させる「昇降スクリーン式ホームドア」をテストする。

[ITmedia]

 東京急行電鉄は2013年夏ごろから、上下に動くタイプのホームドアの試験運用を田園都市線つきみ野駅下りホームで開始する。

 試験運用する「昇降スクリーン式ホームドア」は、約10メートル間隔で設置した柱の間に張ったワイヤーロープが、列車の到着・出発に合わせて上下する。扉の数が異なる車両が混在している路線に導入でき、シンプルな構造で導入コストを抑えられる。試験ではホーム全長約200メートルに設置する予定。安全性、実用性、耐久性などを確認し、今後の展開の可能性について検討する。

ah_door.jpg

関連キーワード

東急 | 試験 | 運用 | 電車


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事