新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年03月15日 20時11分 UPDATE

観光庁がMMD杯の選考委員になった理由 心を動かした1本の初音ミク動画とは

JR仙石線に乗って旅する初音ミク――1本のMMD動画が観光庁の心を動かしました。

[ITmedia]

 フリーソフト「MikuMikuDance」(MMD)を使用した動画コンテスト「第10回MMD杯」の結果がこのほど発表されました。今大会は、観光庁やファミリーマートといった選考委員の顔ぶれがカオスな点も話題になりました。現在、公式サイトでは総評が公開されており、観光庁の“中の人”が自ら参加した理由を説明しています。

画像 観光庁の総評

 観光庁が選考委員を務めることになったきっかけは、1本の動画でした。それが前回(第9回)の「Mitchie M賞」を受賞した「トウナ ステイション 〜或る日常の風景〜」。東日本大震災の影響で現在も一部区間の運転を見合わせている、JR仙石線(宮城県)の在りし日をCGで描いています。沿線の風景などがリアルに再現され、視聴者からは「一瞬MMDだってことを忘れる」といったコメントも。電車に揺られる初音ミクがかわいいです。

画像 ミクダヨーさんもいます

 この動画を見て、観光庁の“中の人”は「2年前の3月11日に失ってしまったもの、これからこの国が取り戻していかないといけないもの」に思いを馳せ、「作品に表現するということの力の偉大さ、創造力」に圧倒されたそうです。その思いは、第10回に投稿された作品を見ても変わっておらず、「作品の1つ1つが大きな説得力を持っていました。観光庁の言葉の弱さを痛感しました」とつづっています。

 震災後「義援金でなくても、ボランティアでなくても、旅行や仕事で被災地に行くことが復興につながっていくんだ」というメッセージを国民に発してきた観光庁。総評の最後では「MMD杯を愛する全ての方へ、お願い」として「被災地に行こう。旅行でも、仕事でも。被災地に行こう。そんなメッセージを皆さんの作品の力で伝えてください。観光庁の言葉だけでは、まだまだ足りないんです。どうか皆さんの力を貸してください」と呼びかけています。

 なお、第10回の観光庁賞には「世界の果てを探した男」が選ばれました。「このちょっと不思議な作品に落ち着きました。みんなが世界の始まりを歩き続ける、そんな国でありたいですね」(観光庁の寸評より)。

※追記:公式サイトにあわせ、表現を「審査員」から「選考委員」に修正しました



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事