新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年03月19日 00時28分 UPDATE

プログラマー・岩田聡の“伝説的エピソード” 「MOTHER2」復活対談で裏側明かす

任天堂ファンには有名な“アレ”の裏側を、糸井重里さんとの対談の中で語っています。

[ITmedia]

 Wii Uのバーチャルコンソールで「MOTHER2 ギーグの逆襲」が配信されるのを記念し、ほぼ日刊イトイ新聞のサイト上で、「MOTHER2」作者の糸井重里さんと、任天堂・岩田聡社長の対談が掲載されています

 岩田社長と「MOTHER2」と言えば、任天堂ファンにとっては「これをこのまま作るなら2年かかります」という、もはや伝説的と言ってもいいエピソードで有名。対談ではその「伝説」が生まれた背景についても触れています。

画像

 当時開発が難航し、ほとんど頓挫しかかっていた「MOTHER2」のプロジェクトを立て直すため、プログラマーとして開発現場に送り込まれた岩田社長。そのころすでに開発スタートから4年が経っていたにもかかわらず、ほとんど動かせる形になっていなかった「MOTHER2」を見て、岩田社長は「このままではできないと思います」と断言します。そして出てきたのが、あの有名な言葉。

岩田社長「いまあるものを活かしながら手直ししていく方法だと2年かかります。イチからつくり直していいのであれば、半年でやります」

 かくしてプロジェクトに参加することになった岩田社長は、「とりあえずちょっと動かしてみます」とデータを持ち帰り、1カ月でマップがスクロールするところまで持っていき、本当に半年で全部動くようにしてしまった。最初にゲームが動いているのを見た糸井さんやスタッフの面々は、揃って「う、動いてるぅっ!」と、“異常なテンションで”驚いたのだそうです。

 対談は3月18日、19日、20日と3日に分けて更新される予定。ほかにも、こちらは糸井さん側の伝説として有名な「タコけしマシン」の発明など、「MOTHER」シリーズファンには嬉しいエピソードも出てきています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事