新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年03月21日 14時03分 UPDATE

カーテン開けたら魚がウヨウヨ:海の中で一晩過ごせる!? 魚を間近で眺める夢のようなスイートルームに潜入!

シンガポールに昨年12月にオープンした世界最大級の水族館の中に“巨大水槽を眺めることができるスイートルーム”があるという。オープン以来、週末はVIPたちがこぞって滞在するという豪華スイートに潜入取材した。

[ITmedia]

 「とにかく水族館が大好き」という人なら「1日中魚たちを眺めながら過ごせたらどんなに楽しいだろう」と一度は考えたことがあるはず。そんな水族館フリークの願いをかなえる夢のような施設がシンガポールにあるのをご存知だろうか。

 シンガポールの中心地からタクシーでおよそ15分のセントーサ島にある「Resort World Sentosa」に、昨年12月にオープンした海洋水族園「Marine Life Park(マリン・ライフ・パーク)」。そのマリン・ライフ・パーク内にある「S.E.A Aquarium(シー・アクアリウム)」の「Ocean Suites(オーシャン・スイート)」は“全客室から世界最大級の巨大水槽が眺められる”という世界でも珍しい宿泊施設だ。

 シー・アクアリウムは総水量4500万リットル以上、800種10万匹が生息する世界最大級の海洋水族館。「S.E.A」=「South East Asia」の名の通り、東南アジアからアフリカ大陸へと続く海を10のゾーンに分けて表現し、それぞれの海で生きる生物たちの様子を紹介している。

ah_suite1.jpg エントランスの水槽にはカリマタ海峡とジャワ海の様子を表現。魚礁の役割を果たす沈没した難破船も

 その中心となるのが幅36メートル、高さ8.3メートルの巨大水槽パネル。自然光を取り入れた水槽の中にはマンタ、トラフザメなど色鮮やかな海洋生物などが生息し、悠々と泳ぐ姿は壮観。

ah_suite2.jpg アクリルでできたパネルの厚さはなんと70センチ。総水量1800万リットル、5万匹の海洋生物が生息する(Resort World Sentosa elements and all related indicia TM & (c) 2013 Resorts World at Sentosa Pte.Ltd. All Rights Reserved.)

 その巨大水槽から見える窓が全11室の宿泊施設「オーシャン・スイート」。オーシャン・スイートでは客室まで専用のバギーでご案内。バトラー(執事)も24時間態勢で待機。食事は部屋か隣接のホテルで取ることができる。ホテルのスイートルームと同じサービスを受けられる。

ah_suite3.jpg 客室への入り口は人目につかない場所ながら、南国らしい開放的な雰囲気も感じる

 扉を開けたとたんにアロマの香りが漂う客室は2階建てのメゾネットタイプ。開放的なアウトドアの滞在をイメージした2階はリビングとバスルームと屋外ジャグジー。ウェルカムフルーツとスイーツも用意されている。サービスは高級ホテルそのものだ。

ah_suite4.jpg 室内は波をイメージしたカーペット、コーラルグリーンとアクアマリンの色を基調に自然をモチーフとしたデザインが特徴(Resort World Sentosa elements and all related indicia TM & (c) 2013 Resorts World at Sentosa Pte.Ltd. All Rights Reserved.)

 そして1階のロールカーテンを徐々に開けていくと、そこには…

ah_suite5.jpg ボタン一つで開閉自由なロールカーテン

 ジャジャーン!! 巨大水槽登場!! まるで自分が海の中に潜っているような気分を味わうことができる。

ah_suite6_1.jpgah_suite6_2.jpg 床から天井まであるアクリルパネルを通して5万匹の海洋生物を楽しめる(Resort World Sentosa elements and all related indicia TM & (c) 2013 Resorts World at Sentosa Pte.Ltd. All Rights Reserved.)

 巨大水槽と向き合うようにダブルベッドが置かれ、水槽の前にはバスタブ! マリン・ライフ・パークに隣接する世界的高級スパ「ESPA(エスパ)」のアメニティーをぜいたくに使って巨大水槽をのんびり眺めながら優雅なバスタイムを満喫できる。

ah_suite7.jpg 自然素材を使った「ESPA」のアメニティー

 ん!? いや、待てよ。ということは、水槽越しに宿泊客の素っ裸がほかのお客さんに見えちゃうじゃないか? それは心配ご無用。実は、客室内のライトの明るさが自動的に制限されていて、一定の明るさ以上にはならないので、お客さん側からは室内の様子は見えにくくなっている。

 これなら室内を生まれたままの姿でウロウロしていても大丈夫(笑)。逆に魚たちの視線が気になるときはカーテンを閉めればオッケー。

 実はこの巨大水槽には、まだまだ魚が追加されるのだそう。今宿泊して、また数カ月後にリピートしても、全然違った水槽の様子が見られるというのも面白いかも。

 しかし気になるのはお値段。1泊なんと2400シンガポールドル(18万円強)から。スイートルーム同等のサービスも受けられて、夢のような時間を過ごせるなら、この値段そんなに高くはない……かも!?

取材・撮影・文 / 大井あゆみ

編集協力 / 岡徳之


関連キーワード

ホテル | リゾート | 水族館 | シンガポール


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事