新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年04月01日 20時02分 UPDATE

「イワシに活を入れるためマグロ投入」はマスコミの創作? 名古屋港水族館に真相を聞いてみた

話題になっている「マスコミの創作です」という書き込みについて、水族館側は「書き込んだ憶えはない」とのこと。え、どういうこと!?

[ITmedia]

 朝日新聞が3月26日に掲載した「水族館イワシに迫る危機 『緊張感を』マグロ軍団投入へ」という記事が一部で話題になっています。

 群れから離れてしまう“はぐれイワシ”に活を入れるため、名古屋港水族館がクロマグロ15匹をイワシの水槽に投入する――というニュース。この記事自体もかなり注目されたのですが、その後「当水族館の飼育係です」と名乗る人から、Slashdotの掲示板にこんなコメントが寄せられました

実は連日の報道の目的の部分「イワシに喝を入れるためにマグロ投入」はマスコミの創作です。最初に記事を見て職員はみんな驚きました。そのような話はしていなかったからです。

 要約すると、以前から水槽内にマグロはおり、今回は数が減ったマグロを補充するために入れたのであって、イワシたちに活を入れる目的はなかった、という内容。たちまち書き込みは拡散され、「酷すぎ」「また朝日のねつ造か」などと非難のコメントが相次ぎました。

画像 Slashdotに書き込まれた、飼育係を名乗るコメント

「飼育係」かたった書き込みはニセモノ?

 ――が、これで終わらないのがネットの怖いところ。書き込みが本当かどうか、名古屋港水族館に確認してみたところ、水族館側では「書き込んだ憶えはない」とのことでした。

 内容については詳細に書いてあるものの、いずれもネットやテレビで調べれば分かることで、「他のスタッフに確認しても書き込んだ人はいなかった」と担当者。つまり、話題になっている書き込みは「飼育係」をかたった“なりすまし”ということになります。

 一方、「イワシに活を入れるためにマグロ投入」がどこまで本当だったのかについても聞いたところ、書き込みにあったとおり、本来の目的は“マグロを群れで見せる”ことで、イワシに活を入れるためではなかったそう。ただ取材を受けた際、マグロを投入することで、結果的にイワシの群れがキュッとまとまる効果も出てくるだろう、という話もしており、記事も「完全な創作というわけではない」とのことでした。

 それにしても、気になるのはSlashdotに書き込んだ「当水族館の飼育係」を名乗る人物。マスコミの報道の信頼性が問われる昨今ですが、かといって匿名の書き込みを鵜呑みにしすぎるのも考え物、かもしれません。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事