新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年04月05日 14時11分 UPDATE

夢の解読に成功 睡眠中の脳活動パターンから測定

頭の中で考えただけでコンピュータを操作する「ブレイン・マシン・インタフェース」など広い分野での応用が期待できる。

[ITmedia]

 他人の夢をのぞけるようになった。ATR(国際電気通信基礎技術研究所)の研究グループが、眠っている人の脳活動パターンから、夢の内容を高い精度で解読することに成功した。成果は、4月4日(アメリカ東部時間)発行の科学誌「Science」オンライン版に掲載される。

画像

 研究では、3人の被験者に脳波計を装着した状態で、fMRI(機能的磁気共鳴画像)装置内で眠らせて、夢と関連の強い脳波パターンが出た時点で被験者を起こし、見ていた夢の内容を聞き取る実験を実施。被験者1人につき、同じ手続きを約200回行った。

 次に、夢報告の内容に含まれる「本」「車」など約20個のカテゴリーに対応する画像を被験者に見せ、その時の脳活動パターンを記録した。こうして各被験者のデータベースを作成して照合したところ、特定の物体が夢の中に登場したかどうかを、高い精度(70%以上)で当てることができたという。

 一方、夢の中に現れる色や形などの解読には成功していなく、引き続き研究を続けていく。研究グループは、今回の手法は、頭の中で考えただけでコンピュータを操作する「ブレイン・マシン・インタフェース」など広い分野での応用が期待できるとしている。

画像 実験の概要

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事