ニュース
» 2013年04月08日 10時45分 UPDATE

鳥山明氏、実写版「ドラゴンボール」の失敗認める 「『ダメだろうな』と予想していたら本当にダメだった」

言っちゃったよ!

[ITmedia]

 現在、大ヒット上映中の映画「ドラゴンボールZ 神と神」。僕も週末、ようやく見てきたのですが、そこで買ったパンフレットに載っていた鳥山明氏のコメントが衝撃的でした。

画像画像

 表紙をめくると最初に鳥山氏のコメントが載っているのですが、ビックリしたのはその最後の部分。

ところで後半のバトルシーンは特に圧巻です!(略)「たぶんダメだろうな」と予想していたら本当にダメだった某国の実写映画と大違いです。さすが日本のアニメーションは優秀なんですね!


 言っちゃったよ! もちろんタイトルこそ明言はしていませんが、“某国の実写映画”と言ったらやっぱり「DRAGONBALL EVOLUTION」しかないですよね。ちなみに「DRAGONBALL EVOLUTION」公開時のオフィシャルトレーラーには、鳥山氏はこんなコメントを寄せていました。

脚本やキャラクター造りは原作者としては「え?」って感じはありますが、監督さんや俳優の皆さん、スタッフなど、現場は超優秀な人達ばかりです。ボクやファンの皆さんは別次元の『新ドラゴンボール』として鑑賞するのが正解かもしれません。もしかしたら現場のパワーで大傑作になっているかもしれませんよ!


画像

 うーん、あらためて読み返してみると“もしかしたら”“かもしれませんよ!”のあたりに、当時の複雑な心境がなんとなくうかがえますね。

 ところで肝心の今作ですが、劇場版シリーズでははじめて鳥山氏がストーリー作りから参加しているだけあって、シリアス2:ギャグ8くらいのバランスでかなり好みでした。そしてギャグシーンからシリアスなシーンまで、おいしいところを持って行きまくっていたヘタレ王子ベジータ万歳!


DRAGONBALL EVOLUTION オフィシャルトレーラー(冒頭に鳥山氏コメントあり)


映画『DRAGON BALL Z 神と神』第2弾予告編



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー